世界一周中、スペインのバルセロナで起きたすごい偶然から学んだ、当たり前だけど大事なこと

1 / 6 ページ







2015年2月から8月までの約半年間を使って、世界一周の旅をしました。
韓国からスタートし、東南アジアを抜けた後は、
西へ西へ、ネパール、インド、エジプト、イスラエルと移動し、
そこから飛行機でスペイン バルセロナに向かう途中

ぼくは偶然ある女性と知り合あったのです。

彼女は多分カトリックで、しかも飛行機が苦手だったのでしょう。
胸の前で十字架を切り、離陸前にお祈りをしていました。

そして、彼女が三列シートの左端、ぼくが右端に座っていたんですが、
離陸後は真ん中の席も使い、すぐに寝てしまいました。
きっと疲れていたのでしょう。


しかし実は、
このフライトで、ぼくの席は元々違う場所にありました。
本来のぼくの席に老人が間違えて座っていたため、気を利かせたぼくは席を変えて、元々その老人の席だった場所に移動したのでした。

その結果、カトリックで飛行機が苦手な例の彼女と知り合うことになります。

偶然とは恐ろしいものです。


そんなちょっとしたドタバタの最中、彼女はその席交換を手伝ってくれたので、
「ありがとう」
と伝えたのですが、なにも答えてくれませんでした。

うーん、

柔らかな表情で微笑んでいるので、冷たい人ということはなさそうでした。
さらに離陸してすぐの頃、彼女がとても眠たそうにしているので、
「真ん中の席も使って寝ていいよ」
と伝えると、どうも英語が分からない様子だったので、身振り手振りで伝えると、嬉しそうに寝始めました。
スペイン、南米は英語が通じないと聞いてはいましたが、やっぱりスペイン語を学ばなければ、と覚悟した瞬間でした。

みんなの読んで良かった!