首長族の家に泊まってみたら実際は◯◯だった【タイ・メーホンソン】

1 / 3 ページ


こんにちは。

タイ北西部にあるメーホンソンに行ってきました。

『目的は首長族の人達と出会うこと』



メーホンソンはタイの北西部にあり、ミャンマーの国境と接している地域です。

チェンマイからバスターミナルよりバンで約6時間かけて到着。(酔い止め必須)

タイの首長族(カレン族)はミャンマーからの難民です。

行く理由としては『人間動物園』と言われており、
人を見世物とするにたる状況を見たいという理由がありました。



メーホンソーンは本当のど田舎!

中心部の湖の周辺は少し人はいるが、

歩いて5分もしないうちに人通りが少なくなり、

田んぼだけの風景になっていくような場所です。

夜になると湖周りに屋台や露天商がちらほら出てくる感じです。

チェンマイ以上にすっごいのどか。

そんなところでもやはり有名な観光地であり、

wifiのあるゲストハウスはちゃんと存在しています。

観光場所は首長族の村以外にチャイナタウン・滝・洞窟・花畑などを組んでくれるツアー会社があるので、

いろいろと希望を組んでもらい、ツアーで回ることになりました。


首長族以外の観光もしました!

『チャイナタウンにあるわよ』と言われまずはチャイナタウンから行くことにしました。

チャイナタウンに行く途中、そこはなんと手作業でお茶を作っている現場に遭遇!


  中国茶らしくちょうどその時は揉稔(じゅうねん)・乾燥をしていました。

言葉はお互い分からないが、勝手に作業を手伝わせていただくことに。笑

揉稔は機械でやるところしかみたことがなかったので、面白かった。


ただ混ぜるのではなく、下のゴザに擦り付けるようにして押し付けるのが特徴です。

お母さんは子供の世話をしながら作業をされています。

しかし、重労働である。

あと、チャイナタウンの風景もゆったりと時間を過ごすことができます。

湖が鏡張りになっており、中国茶を飲みながら優雅にその時を楽しめます。


首長族の村に行ってきました!

みんなの読んで良かった!