ないっていえない

二人目がまだ嫁のお腹の中にいる頃。

定期健診の時、産婦人科のセンセーにこう言われたそうな。

「性別は、今知りたい?」

おいおいセンセー、もしかしてそれって、「性別は男」って告知してません?

通常の場合、産婦人科で胎児の性別を確認するには、エコーで胎児の姿を確認した際、例の「キャノンマグナム」の有無を確認する。

「キャノンマグナム」が見えたら、モチロン男の子確定。

「キャノンマグナム」が見えなかったら、多分女の子なんだろうけど、「男の子なんだけど角度か何かで見えない」という可能性も捨てきれないので、性別は確定せず。

センセーが性別を断定できたってことは、つまり「キャノンマグナム」を装備していたって事で、男の子確定という結論が導き出せてしまう。

ここで言いたいのは、このセンセーが気がきかないってこと。

じゃあなくて、

「ない」ってことの証明って難しいなってこと。

どんだけ沢山のエコーで「キャノンマグナム」が見えなくっても、確率はどんどん上がるけど厳密には「女の子」って断定できない。

例えば、「東京にミミズはいる」ことを証明するには、ミミズを一匹捕まえてくりゃいいけど、「東京にミミズはいない」ことの証明は大変。

それこそ東京を隅から隅までひっくり返し、ミミズが見つからないという事実を無限に積み重ねる必要がある。

宇宙人はいるのか?

超能力は存在するのか?

死後の世界はあるのか?

ツチノコはいるのか?

今後30年間で直下型地震は発生するのか?

そのプロジェクトにリスクはあるのか?

そのソフトウェアにバグはあるのか?

原発の再稼働にリスクはあるのか?

今の彼(彼女)よりいいヒトは今後現れるのか?

どの問いにも「無い」とは断言できない。

たまーにこれらの類の問いに断言してくる「色々見える」人達がいるけど、その発言を否定することもまた難しいから、まあ言ったモン勝ちみたいなトコがある。

別にそういう人達や、そういう人達を盲信する人達がいてもいいんだけど、金銭が絡むとちょっと嫌らしくなるかな。

「無い」ことを判断するには、「無い」という状況証拠を、自分が納得行く高さまで積み上げて、そのてっぺんから飛び降りるしかないのかなと思う。

だって、状況証拠を幾ら高く積み上げても、神様のところまでは届かないし。

あ。

ところで神様っているのか?

著者の鎌田 隆寛さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。