無知だった私が、キャバクラの「黒服」になったストーリー

学んだこと

真に人を想い、人の成長を願う

心から発した行動であれば、必ず温かな協力が得られる。

それは、ともに力をあわせて実りある結果をもたらしてくれる。

なぜなら、それは強制ではなく自発の行動だから。


これは、当時の私のノートに書いてあった一文です。

そのノートには、心に残った大切な言葉がびっしり書かれていました。


当時はわかって書いていたのか、疑問が残りますが……





夜の世界に足を踏み入れる前

「黒服」=「金に汚い」「女を扱き使う」「怖い」「うぇぇ~い(笑)」

とにかく悪いイメージしかありませんでした。

実際、そういうお店もありますし、そういう方々もいらっしゃいます。(グレーな世界ですから)


でも、ここで働き、そのイメージもすぐにぶち壊されてしまいました・・・



決して大きなお店ではありませんが、とても良いお店だったと思っています。

恩師(私をスカウトした方)には感謝しております。


入店当時から、

恩師
うちは心を大切にしているお店だから
何事にも感謝――感謝を忘れたらやっていけない

人の心を掴む言葉も、心から……

女の子にも真剣に心から向き合って……

お店も経営者目線で、全てを見てくれよ

営業終わりに私だけに話をして頂きました。毎日欠かさず朝まで……




ある日のこと

リーダーA(黒服幹部の人)とキャバ嬢さんの間でトラブルが起きてしまいます。

原因は

リーダーAのつけまわしミスでお客様を怒らせてしまい、指名のキャバ嬢が怒ってしまったのです。

キャバ嬢
なんで、すぐ席に戻してくれなかったんですか!
大切なお客様怒らせてどーすんだっ!!
リーダーA
おぉ~悪い悪い

こんなやり取りをしていたと思います。

自分のミスを認めたくないのはわかるけれども(立場上頭は下げたくない)

「きちんと謝って、ミスしないように努めなければ、信用されなくなるよな」

と心の中にしまい

営業終わりにいつものように恩師と話をしました。


それを恩師に報告したところ

恩師
……
……でっ
お前は何もしなかったの?
……
恩師
お前は何を教わってきた!
なんでリーダーAに「謝れ!」って言えなかった!

自分より立場が上だからか?
関係ないよな

お前はリーダーAもキャバ嬢も救えたのに、救おうとしなかったってことだ!
……

ちょっとしたミスでは怒りもしなかった恩師が

はじめて怒った瞬間でした。


その時、「自分も立場が気になっていた」ことに初めて気づきました。


そして、リーダーAに「心で向き合え」と言えなかった自分に怒りと悲しみが湧いてきました。

恩師
気付けてはいたようだな
でも、一瞬一瞬を見逃すな

そこで対応出来ていれば、自分もみんなから信頼を得るんだ

スピードで勝負しろ
誰よりも心を大切に出来る、お前だからやれるはずだ


文頭のメモ

真に人を想い、人の成長を願う

心から発した行動であれば……(略)


この言葉は、その時のことを思い出させてくれた。

著者のAtomachi Bunさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。