「正直」に

皆さんは、自分の気持ちに「正直」に生きていますか?






「親が喜ぶから。。。」
「あの人に認めてもらえるから。。。」






なんて考えていませんか?






確かに、それらも頑張る動機付けにはなると思います。






でも、人生は1度しかないのに、自分の気持ちを押し殺すほどの価値のある瞬間などあるのでしょうか?






僕はいつも他人の目を気にしていました。






勉強、スポーツと自分のためではなく、「認めてもらいたいがため」にがむしゃらにやって来ました。






でも、それらを頑張るためにやる努力は凄く辛かったです。






なぜか?






自分に才能がないからなのか?






いつもこんな風に思っていました、






でも違いました。






一番の原因は、「それが本当に自分のやりたい事では無かった」からです。






自分の本心ではないからこそ、余計に悩んだり、辛く感じる事が多かったのだと思います。





自分の人生は、「自分」が主人公です。





他の誰のものでもありません。






自分の心に「正直」になり、その正直な心のままに行動してみませんか?^^






それだけで、人生がより豊かなものになると僕は信じています^^

著者のTA ROさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。