新卒で入社した会社を半年で辞めてボートピア(場外舟券売り場)で働いている俺。

後編: 新卒で入社した会社を半年で辞めてボートピア(場外舟券売り場)で働いている俺②。

仕事に貴賎などない。




僕は2008年9月末からボートピア(場外舟券売り場)で働いている。

この前月に新卒で入社した会社を半年で退職している。


まあいわゆる、レールから外れたクズだよね、他の人から見たら。

でも僕は必死なのだ。

必死に生きていた。

他人の顔色を伺って。



契約社員として入社した僕は、独特な空気に気がついた。

派閥があるのである。

どんな会社でもあるけど、ここは異常である。

「あの人は仕事ができない」

「あの人は客と寝ている」


出所不明のデマが従業員内を駆け巡る。

22歳の僕は、そんな荒波に流されないよう必死だった。

僕は性格的に嫌われるタイプではないので良かったのだが。



他に目線を向けてみると、ボートピアで働いているということも、自称正しい大人からは批判される対象だったようだ。

「若いうちにやる仕事ではない。」(そんなことはなかった)

「公営競技は虚業だ」(あり得ない、売上の一部が地方自治体に入っている)


僕は当時はこれもスルーできた。

でも今同じことを言われたらスルーできず発狂するかもしれない。

もしかしたら同じことを思っているのか?

それはわからん。




でも毎日仕事していて、上司や従業員からは信頼されていた。

それがいい方向に向かっていく。


2009年の話である。





続きのストーリーはこちら!

新卒で入社した会社を半年で辞めてボートピア(場外舟券売り場)で働いている俺②。

みんなの読んで良かった!