インドの洗礼 第2章 その7 〜棺桶とミルフィーユ

1 / 2 ページ

「スリや置き引きも多いので、金目の物とパスポートは、肌身離さずに」

と、「地球の歩き方」は、インドの寝台列車事情を説く。

列車に乗り込んだ俺達は、その狭さと薄暗さ、そして俺に突如訪れた「カタストロフィ」のこともあり、胸中穏やかではなかった。

しかし、この列車に乗って移動しない限り、前進むことはできない。

今出来ることと言ったら、災難に可能な限り備えることと、無事を祈ることだけ。

大量の札束を空港で両替し、かつ不特定多数にそれを目撃されてしまっている俺達は、対策に余念がないのだった。

服の下に、薄めのウェストポーチを装着し、そこに「最重要資産」たるパスポートを収納。幾ばくかの現金も合わせて格納。

そして服の上に、ティッシュやペンなどの重要度の低い資産と、残りの現金を入れた別のウェストポーチを装着した。

服の上のウェストポーチは、言わば「デコイ(おとり)」。真に重要なパスポートなどの資産を守るための、捨て石なのだ。

更に、リュックにはダイアル式の鍵を掛け、鍵ごと持って行かれないように、紐で体と結び付けた。これで身体ごと持って行かれない限りは大丈夫だろう。

何せ、物の値段が付いておらず、初対面なのに「アケボノ!」とか声をかけてくる人々が溢れる国なのだ。電車の中で無防備な寝顔を気軽に(?)晒せる日本とは勝手が違う。

俺達は、万全過ぎるくらいの準備をして電車に乗り込んでいた。

今夜の寝床は、通路と申し訳程度に布のカーテンで仕切られているだけの、簡易な3段ベッド。その広さは、カプセルホテルの部屋程度。

「狭いなーオイ」

ベッドを一瞥した友人が思わず呟く。

特に1番下の段は薄暗く、寝そべってみると心理的なものもあってか、かなりの圧迫感を感じた。

1番下の段は、避けたいな。。

幸いにもベッドの位置決めジャンケンで勝った俺は、少しでも安全そうな一番上の段を選択した。ギシギシ軋むハシゴを登り、1番上の段に寝そべってみる。

1番下より幾分マシとは言え、やはりここもかなり窮屈。

寝そべっていても天井に手が届くその薄暗い空間は、なんとなく棺桶の中を連想させ、息苦しかった。

社交的な友人の1人は、何やら隣のインド人家族とじゃれていたが、腹痛であまり体力的にも気持ち的にも余裕がない俺は、その輪に入る気になれず、そっとカーテンを閉めて1人になった。

横向きになると幾分腹痛が楽だったが、とにかく寒かったので、毛布を被って丸くなる。

Tシャツの上に直に毛布を被っていたので、チクチクして不快だった。

みんなの読んで良かった!