初めて暮らし

今日から、ちょっとの間

初めての束の間のひとり暮らし。




ちょうどふたり暮らしをはじめて1年くらい経とうとした2月末。





今日から海外へ行ってくるって


久しぶりのひとり暮らし気分




部屋の片づけを、書類をぐちゃーーーってして


片付けようと思う




そういうのって「ひとり暮らし」だからこそできることだと思うんだ。




洗濯をまとめて、何回も回そうと思う。








わたしが旅行で家をあけることはほぼなくて、、、それは


一人で旅行行くことは理由があって避けているから




そういえば、そういっても…






わたしが日中家にいないことのほうが多いから


家にいるときはだいたい一緒になる






「ふたり暮らし」。






いいところもあれば、嫌なこともたくさんあった。







それでも、きっと3年目「ふらり暮らし」なんて言ってられない




未来へと進んでいくなかで、今がつながっていく






はじめてはいつか当たり前になっていく




楽しくや、幸もは当たり前になって






また新しいものがでてきて、目移りしては飛び込んで


今までのものなんか要らないみたいな感覚になって




あーぁ、いなきゃよかったって思った






それでもね、たくさんの新しいものがある中で




悔しいけど、思うんだ


変わらないのがこの場所で


たまに機嫌悪くて「おやすみ」とか言えんけど




朝起きたら「おはよう」って、「おかえり」って言える場所がある


変わらないことがあるから、新しいものを新しく見せてくれるんだって








初めて暮らし

気づいたこと


著者の土井 思織さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。