第69章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?


仕事以外でビジネスにつながらない習いゴトは「捨てる」


仕事以外で色々なことをやる 「習い事」の誘い 機会が そして「習い事」をやっている人が世の中 多すぎる気がします



私も「勘違い」していたこと


直接的にビジネスにつながらなくても 自分の「選択」になにかしらの「意味」がある


ないない・・・仕事とは全く関係ないと割り切り 「趣味」や仕事にかまない「出逢い」求めていると 割り切れるならいいのですが



それを極めてもビジネスで成功は できないということ    なのでそれに長い時間を使ってはいけません。    繰り返しますが 趣味ならokだと思います。


   ビジネスで成功するには、 ビジネスを行うしかありません。       人生振り返り、多くの習い事が最初は勢い始めて その時申し込む時・・・



これは「仕事」に役立つから


ないない「役立つかもしけないけどきわめて可能性低い」



「習い事を仕事に絡める」と


「やらされている義務感」が生じ


人によってはそれが「苦痛」になる 実は私がドンビタそう


そうとわかっいて「毎回」は違う気がすると



習いごとしては辞めの繰り返し・・・



友人に言われました。


〇〇〇は なんですぐ「人に習おうとするの。 自分が心からやりたいことは 自分で自ら独学で何とか「攻略しよう」と人に習おうとせず やっているもので やって何かにつまづいたら 人に聴くとか教わる選択にすればいいのでは・・・



それから習った「そのこと」を自分の仕事・職業にするには


その「スキル」だけ身につけても 「商い」に成りたちにくく


違った能力が必要になります。



そうすると、またそのことを習いに行き・・・



また違った別の「違った能力」の何かを薦められて



何かを提供して対価として「お金」いただくとは


「趣味」レベルではなく 


自分が売る「商品」を作り、育てて 販売できること


販売できて始めて「売上」がたち それでも「商い」にはならない


その人がお金を支払った事実に満足し、価格以上の評価をして リピートや紹介がでて初めて


「商い」が成立した




という流れが腑に落ちると


趣味的な「習い事」や「中途半端」な習いごとに


お金と時間と労力を注ぐのは 自分がビジスネ的に思う以上に成功し


お金と時間と労力がたっぷりできて気持ちの余裕から


「趣味」で「余裕」を楽しみたいと心が真剣に感じた時に


やろうと


「中途半端な考え方や思考」とその習い事を


「今年は捨てよう」と決断しました。



そして・・・習い事するなら 複数の習い事をやるよに一つに絞り徹底する



「強み」や「適性」や「素性」が活きる内容の習い事が やっていてストレスがたまらず 目的や目標が明確で 飽きないし、継続性が期待できるんだろあなぁ






 


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。