山田のドタバタ企業エピソード

このままじゃマズい、とりあえず始めてしまおう。」

2016年2月現在、フライング気味に独立してから早2年が経った。

新しく始まった会社は3年で半分以上が潰れるという。
どうやらその域は脱することが出来そうだ。

でも今思い返すと潰れなかったのが奇跡的。
無一文になったり、電気とガスが止まったり、マイナスになって現場仕事をしながら建て直したり、怪しいバイトを経験してみたり、、、

世の中には
「夢の独立開業」とか
「起業して理想のライフスタイルを」とか
スイートな響きのキャッチコピーが溢れている。

ただ実際やってみると泥臭いことが多い。(器用な人は器用にやるけど)

今現在も課題は山積みで、金持ちになっているわけでもないけれど。
金も取引先も無い状態から意地と気合いでなんとか下地を作るまでのあれこれを、ムダ話たっぷりで書き綴っていきたいと思う。

あまり需要はないと思うけれど、開業するしないに関わらず、これを読んだ誰かが少しでも奮い立ってくれたらそれでOKということで、、、

著者の山田 隼さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。