先生!まちがってます!

1 / 2 ページ

 根本的に間違っているのは、生徒全員が人々とつながっていたいという前提で指導が行われていることだ。それは、全員が同じ所得で同じ生活をするのが理想の社会主義の考えに洗脳された人にありがちな大きなミス。

 私の指導させてもらっている優秀な理系女子のほとんどが

「私は研究者になりたい」

 と言う。その理由を聞くと、勉強が好きなことが第一だが

「人と接するのが苦手というか、嫌い」

 と言う。賢い子たちは、一般に感受性も鋭い。人の無神経な言葉に傷つきやすいので、深く関わりたくない子が多い。

ジャッキー・チェンと「TVジョッキー」で共演しました。

  

(7000回再生)

https://youtu.be/sMdPLgzTjeQ  

 

  左翼の先生方は、そんな子たちに班学習だ、絆だ、と言って強制的に他人と関らせようとする。それで、ほとほと嫌になって

「人と関らない仕事がしたい」

  と言い出す。全くの逆効果なのだけれど、先生方は気づいておられない。私もその1人だったから、学校の事情がよく分かるのだ。やめて欲しかった。

    左巻きの先生は、何でもかんでも集団でやらせたいのだろうが、受験勉強はワイワイ、ガヤガヤやるものではない。1人でやるものだ。だから、最低限の内容の授業を聞いたら家にもどって勉強を続けたい。

 なのに、

「6時の下校時間までは家に帰ってはまかりならん」

 とは、どういう了見なのか。

アメリカの中学校で教師をしていました。

   
26歳、無職、貯金なし、彼女なし、資格なし、何にもなしだった(2000回再生)

https://youtu.be/QnX-TLdhqnw


  優秀な中学生や高校生の子たちは、日本の将来を背負って立つ子たちだ。それぞれの分野でリーダーになっていく子たちだ。そんな子たちの勉強の邪魔をして日本の未来を暗くしたいのだろうか。

  何度でも書くが、人間はみんな違うのだ。性格も、才能も、生まれも、育ちも、興味もバラバラなのだ。その個性を尊重してやるのが教育なのだ。

  どうして画一的なワクに押し込めて個性の芽を摘もうとするのだろうか。生徒たちが悲鳴をあげているではないか。

  現場に来たら分かる。「クラブと勉強の両立」など実現していない。ほとんどの生徒は勉強を避けるための言い訳に使っているだけだ。

「今日はクラブで疲れているので寝る」

 と言って勉強をしない言い訳にしているだけだ。

「FM三重」でラジオ英会話を担当しました。

 

みんなの読んで良かった!