エッ車の音がない!聞こえるのは牛のモ〜

後編: ニュージーランドで開業♪

初めてのニュージーランドでの生活。

都会に住みたくないという主人の硬い意思を尊重し、選んだのはチョ〜のどかな田舎暮らし。

私も神戸、大阪暮らし8年東京も8年。都会のど真ん中よりのんびりとした田舎の方が

子育てには良いと、主人が選んだ、ど田舎の一軒家。

ここで幸せ作りに励むぞ〜!と意気込みつつ、毎日毎日の牛のうめき声。

朝から夜まで、なんだこりゃ!?

これが噂のニュージーランド田舎暮らし!?

主人も子供もいるのに、とてもひどい孤独感疎外感にさいなまれ、思いついたのは、一週間に一度は

車で町に行き,人の声と車の音を聞きに行くという事。

ホッとしました。^^; ほんとにホッとしました。

車の音を聞いてこんなに精神が休まるとは、今までに一度も考えた事がない。

私達は、普段耳慣れている音に共鳴し、やすらぎまでをかじるのです。

車の音でも。。。

あんなに忙しくてうるさいと思っていた音が、こんなに愛おしく思えるなんて。。。

不思議な感覚でした。


英語もまだあまり話せなかったので、自分の言いたい事を思うように、表現できず。

結局は鬱のお薬を服用する事に。

またこちらの薬がきついのかどうなのかは分かりませんが、呑んだ後、すっごく陽気になったと思ったら、ひどくもっと落ち込む。。だからまた薬を飲んで気分をあげる。その繰り返し。。

薬って怖いなと思ったのはこの時でした。


そんな時は何にも先が見えないし、何をしてこのうつから脱出すれば良いのか分からず、

鬱の本も購入したけど、別に、、ただ読んだだけ。。特になんにも変わりはなし。

そんな私をかわいそうに思った主人が、隣町ならもう少し人も車も通っているから

家を変わろうって言ってくれ、引っ越しをする事に。。

そこで出会ったパワフルなドイツ人が,私に与えてくれたパワフルなエネルギー!

友達って良いなとつくづく思ったものです。

この後ビジネスを立ち上げる事に!

続きは明日書きますね。^^

それでは,今日は私のつぶやきを読んで頂き、有り難うございました。








続きのストーリーはこちら!

ニュージーランドで開業♪

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。