第85章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

イメージ 4

“がっかりポイント”の多くは


実際に体験しないと分からないことが多かった。
まさに、百聞は一見にしかずである。



人には何事もでも 「がっかり」と
感じる沸点ポイントが必ずある


感覚だったり
理屈だったり
人それぞり
がっかりの項目の違いはあるが


一つ言えるコト


「性格タイプ」ごとで


「がっかり」するツボやキモがある


これは性格タイプごとに
「怒り」の地雷と
「喜び」のツボが 違うことと重なる


コュニケーションや人間関係において


相手の「がっかりポイント」が
事前に わかる


って・・・



喜びのツボは
人との良好な関係性や信頼関係を
構築するのに 必須であり



相手の怒りの地雷を踏むと
人間関係や信頼性を
一瞬に「ダメ」にする




分かっていて
決して邪魔にはならないこと


それが“がっかりポイント”




要するに相手の性格タイプを
きちんとわかって関わるだけでも


少なくとも


人間関係はこじれないし 厄介にはならない


相手を正しく理解して付き合う


誰しも 自分を「理解してくれる」人を
好きになるし好感を持つ


これって特別のことではなく
人間の自然の感情で論理では・・・

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。