第88章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

    相手の「そこ」に気付けるかどうかが


 その上「そこ」を問題解決できるかどうか




 最近「そこ」って何なのだろうと相談を受けます。


 私の役目は 相手にその外の


 「強み」と「弱み」という素性と適性を教えてることで


 「そこ」を教えてることではありませんが


 同時に人と組み合わせという「相性」と


 何かコトを起こす「タイミング」と

 それら全て合わせて


 あなたの「そこ」は「ここ」 笑


 と自然に言えるのが私の特徴なのか


 相手が気づかない「そこ」に極力近づくように


 相手の身になって話を聴く


 つまりこれを一言で「幽体離脱」なイメージ


 と以前にある方に言葉聴いたことがありますが



 「そこ」・・・について思い出したこと


 私が以前に心理学の勉強した時 


 それおかしくない? ? と思ったのは


 相手のいわゆる「そこ」という気づきは


 相手が話すことで自分で気づくもの



 いわゆるカウンセラーの定義で


 相手が悩み話して、自分は傾聴するだけで  
 相手が「そこ」に気づき


  理想は確かにそうでしょう。し


 優秀なカウンセラーはそれが長けているから  
 優秀なのであり


 では、普通のカウンセラーは


 相手の話傾聴するたけで「そこ」がわかる


  私はひねくれているのか


 「そこ」が「何か」わからないから
 悩んでいるし
 つまづいているし
 迷っているし
 苦しんでいるし
 モヤモヤとして  
 すっきりしない


 のでは・・・


 そこが私が普通の心理学& カウンセラーの
 理論に疑問を感じ


 即辞めた理由の一つでした。


 いちお震災前にたまたま
 カウンセラーの学校に申し込んでいて
 震災後通い始め その時は


 なんともスベシャルなタイミングと思いましたが


 内容がつまらなく、自分には合わなく
 習いにいけばいくほど気持ちが苦痛になり


 途中で行くの辞めてしまった そのこと


 5年前にそんなことあったなぁと思いだし


 しかし、それの想いや経験があったからこそ


  ただ「傾聴」しているだけで
  相手が「そこ」に気づく


  には・・・どうしたら良いか


 何が必要かが経験からわかり


 私が求めていた本物の使える心理学がわかり


 それに出逢った時  
 以前の捨てたお金と経験は捨てたのではなく
 「活きた」と感じ


 相手の「そこ」探しのお手伝いの精度がぐんと上がり  
 なおかつ「探す」だけではなく
「ソコ」の問題解決が


 できる・・・って・・・



 途中で辞めて捨てたお金のモトをとったどころか


 捨てたのではなく「投資」して回収できた感覚に


 なりました。


 おそらくバットの「比較」がなかったら  
 「グット」にすら気づかなかった



 「そこ」に気づくとは


 つまり数々の「バット」の失敗の


 経験則や経験値があってこそで・・・



 「見極め」「選択」「決断」とはつまり


 やみくもも思い付きによる嗜好的な直感ではなく


「経験値」「経験則」の蓄積による直感

「そこ」に気付けるかどうかが  
  その上「そこ」を問題解決できるかどうか・・・



 下地があり・・・下地がきちんとして  
 上地がきちんと見える



 私の顔マッサージの友人は


 「顔」の「そこ」探しのプロであり


 肌の根本の改善を研究し


 では相手の問題解決にはどうしたら良いか
  ハンドマッサージで


 「50歳過ぎのポロポロの女性の肌」
    赤ちゃんの肌に改善できるように


 つまり肌の「そこ」



 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。