『妻が「恥ずかしいから作業服で出勤するな、周りに見下される」と夫が悩みを明かす』という問題について僕が考えてみること。



『妻が「恥ずかしいから作業服で出勤するな、周りに見下される」と夫が悩みを明かす』という問題について僕が考えてみること。



はじめに


こんばんは。僕はどちらかというとやや crazyなアプリ開発者です。

今日は超真面目にこの問題について考えてかつそれを明文化して表現するためにある程度の文字数を使うよ。

ただし、この件についてことこまかく隅から隅までの情報を確認をして書きこんでいるわけではないということはあらかじめ断っておきます。

また、この文章は推敲などは一切せずそのまま僕が考えたことをリアルタイムに文章にしただけのそのままの内容ですので、誤字やなんらかのミスは発生する可能性があります。

さて、まず僕たち人間がある問題や課題に対して、それをどのように考えるべきであるかということについて、それを明確に誰かから教わると言うような機会はなかなか持つことができないと思えるし、また何かについてそれを必ずこのように考えなければいけないといったような規則のようなものというのは原則としてはないものだと僕は思う。


・それについてある観点から(個人的諸環境、風習・習慣、宗教、なんらかの特性、etc)などによってある人がこのような考え方がより好ましいと考える傾向をそれぞれが持っているということは否定しがたいように思う

・それぞれの諸判断について客観的に言ってそれが必ずしも頭から間違っているという批判について本当に妥当かという判断ができるのかは実際的には難しさを抱えているのではないだろうか

・それについて分析した場合にその人の考える基準に対してその判断は間違っているんじゃないか?というような指摘ができる状況はあり得るだろう


僕たちの暮らす今現在というこの時代における例えば善悪という判断や好悪というようなものが、ありとあらゆる時代や宇宙における諸々の状況下すべてに必ずしも妥当であり必ずしも合致するとは少なくとも僕は断定できない。よって、それについて僕たちが今という現在時間におけるある特定の地域の中の諸々の習慣や文化の影響を意識するしないに関わらずなんらか受けて存在している以上は、それについて私が今これが正しく、これが間違っていると考えることが常にあらゆる人々にとって正であるか?とするなら僕自身の答えはそれについては否である。

ただし、人間というものの特性や人間における様々な人同士の関係が、時代を超えてある程度普遍的な要素があるとするのであれば、その意味では共通し通じ合える要素を持っているであろう、ということはある程度類推できる。



前提


ある問題や課題に対して、ある人はなんらかの反応をするかもしれない。

しかし、それに対して別の視点から、自分ならこう思う、僕の場合はこうだ、私の場合はこうであるというような、それぞれの主観的な主張を表現することはできるけれども、それについてではどの主観がより正しいかを解明するには時間がかかるし、なによりどの判断がどのように正しいか、そもそも何を持って正しいかと判断を下すのはなかなかに困難だと僕は思う。


と、いうところからまずは表題である「作業服で通勤したら、周りの友達から見下されるからやめてほしい」ということが何を意味しているか、夫と妻という登場人物、そしてその一文から見て取れる周囲の存在と周囲の雰囲気といったものについて考えてみることにしたいのだがどうだろう。


状況を分析する


「作業服で通勤したら、周りの友達から見下されるからやめてほしい」という内容から僕が類推できる状況についてとりあえずは箇条書きにしてみようか。


(1)夫は作業服で通勤をすることがある仕事をしている

(2)妻は夫が作業服で通勤をすることを恥ずかしいと感じている

(3)妻の周囲の人々の生活はある程度裕福であるかそのように見える人々

(4)妻の周囲の人々のうち特に夫という存在の人々は作業服を着て通勤をしていないようだ

(5)妻の周囲の人々の中では作業服を着て通勤をしているような人々は恥ずかしいと考える人々のようだ

(6)少なくともこの夫婦における妻の存在は、妻の周囲の人々の中で「作業服を着て通勤をしているような人々は恥ずかしい」という価値観を持った人々の中に人間関係を構築しているようだ



それによって起こった現象


(あ)朝起きたら作業着が隠されており、着て行けない状態に。仕方なくその日はジーンズで出勤して会社に置いてある予備の作業服に着替えて仕事をした




それについて僕が考えること

この問題について、まったく別の観点から自分はそう思わないということは実に簡単なことだと思う。

しかし、一方でそれをそのように考えることができない人が存在することは事実であり、それについてまったく別の観点から遠くで石を投げるように別の意見を発したところで、事実としてこの問題に何か変化を与えられるのかはわからない。またそれが本当に正しいといえるのか、それについて考えてみないことにはそれもわからないような気がする。


まず、今これを書いている僕個人についてある程度明記する必要があるのは、僕自身作業着を着るような仕事の経験が慢性的ではないにしろあること。また僕はファッションが非常に好きであり、端的に言って常軌を超えた服装そのものをも非常に好む性格であることは記載しておきます。


そういった意味合いでは僕自身が、作業着というものがファッションとして非常に美しくなく非常なださいと感じられるものであり、また作業の後は非常に汚れることがあることも認識しており、それについてそのままで外を出歩くというようなことについて、生理的な美的感覚として忍耐が難しいと日々感じながら日本で暮らしている生きにくさみたいなものも感じる、という意味合いにおいて、もしかするとここに登場する妻という人物は上に挙げた理由ではなく、単純に同じ理由で嫌と感じているのかもしれない、という可能性も考えることはできそうだ。



日本における作業服を着るような仕事について

別の視点として「日本における作業服を着るような仕事について」考えることもおそらく必要だと思う。

文章がより長くならないために箇条書きで記載することにする。


・例えば鉄道会社などの社員は現場に出ることがあり、その際にはなんらかの作業着を着ることがある

・それ以外の大手の企業においても作業着を着るような状況はありうるのでは

・インフラ周りの仕事では作業着を着ることがありそうだ


少なくとも、給与面における待遇が比較的高い前提でも作業着を着る状況は事実とあるわけであり、それについて作業着を着ることが恥ずかしいと妻の周囲の人々がもし判断しているとするならその人々について考えられるであろう項目を以下。


a.妻の周囲の人々はそれ以上に恵まれた人々である

b.妻の周囲の人々は作業着を着る=恵まれない人々であると考えている人々である

c.妻の周囲の人々は社会に出たことがなく仕事をした経験がほとんどない(かまったく逆)

d.妻の周囲の人々は社会のことについてほとんど知らない(かまったく逆)

などなど。



総論

結果、僕がここでどのように語ったところで、実際にそこにいるのは、ある夫婦の間の話であり、それに対して僕がなんらか影響を与えられるとしたらまったくの奇跡でしかないわけだ笑


さて、どのような理由かは明確にはわからないが少なくとも

・妻は作業着を着て通勤する夫が嫌だと感じているようだ(または作業着というものが嫌いである)

・夫は作業着を着て通勤することに抵抗は感じていないようだ


この問題について、僕がまったく作業着が気にならないということも実に簡単なことだが、それを言ったところで「夫が作業着を着て通勤をすることが嫌だ」とその妻という人物が感じる価値観には何ら変化を与えることは困難だろう。むしろ僕自身作業着が好きではないし僕自身自ら進んで作業時間以外は自分の好きな服を実際に着て過ごしていたくらいだ。



ここで集約できるのは以下の2つの取り組みの可能性であると思う


(ア)結局のところは夫婦の問題である可能性

(イ)また周囲の人間の影響が原因だとするなら付き合う人間を間違っている可能性


(ア)については、妻がなんらかの理由で夫にそれが嫌なら、その理由と対策を夫に相談して双方が納得する結論を得る。または離婚する。または確執を続けて日々の戦いを継続する危険を冒しながら日々葛藤をし続ければいいだけの話かもしれない。

(イ)については、関わる周囲の人々の偏見が原因であるとするなら関わる人を変える選択肢もあり、また妻自身の生理的または偏見の問題であれば(ア)での夫婦間の話し合いをする解決をするしかないのかもしれない。



僕自身が言えるのは、僕自身は作業着は嫌いであるので着替えることにはやぶさかではないむしろ着替えたいということであり、また作業着を着ることが嫌とか嫌じゃないという問題は好みの問題だとするならそれは個々の問題であってケースバイケースで判断・解決するしかないのであり一様な判断などは必要ないのではないかということ。

また、作業着やステータスで人を判断するということがそもそもくだらないという話ならまさにその通りの話であって、そのような人々と付き合うよりも、より優れた人との関わりを多く持つということの方が人生的に見た場合にはより有意義でありより価値があるような気はするけれども。

それはそれで僕の考えであるのでそれが本当に全時代を通してまったく正しいかどうかは僕にはまったく判断できない。


とりあえず美女と温泉でも行きたい(お酒も飲みたい)と宣言して今日はおしまい!

全部アドリブで書きました。

それでは〜!



関連記事

http://gogotsu.com/archives/16567

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。