初年度さっぱりだった経営者が事業を軌道に乗せた軌跡

1 / 2 ページ

Cさんは、企業向けシステムを開発するSEとして、事業展開を行っている経営者だ。起業してから早10年、大きな案件もこなすなど、素晴らしい実績を持っている。

しかし、初年度の売り上げは年商わずか10万円程度だったそうだ。

Cさんがどのようにして事業を軌道に乗せたのか?そのあたりの様子をCさんに尋ねてみよう。


「初年度は本当にさっぱりで苦しかったですよ。」

Cさんは恥ずかしそうにはにかんだ笑顔を見せていた。

「設立したものの、当時はまだ売れていませんでしたね。

WEB製作を行っていたので、自社のWEBサイトも作っていたんです。それで、交流会に参加したら、たまたま私のWEBサイトを見てくださっていた方がいて、「うちのWEBサイトも作成してくれませんか?」とお声がけいただいたんです。

その方はWEBサイト製作は全くの素人。どこに依頼をかければ良いかもわからず、困り果てていたそうで、WEBサイトを作れる人を探していたんだそうです。

それでたまたま私に依頼が来たんです。

そしたら、その方が知り合いに口コミしてくださいまして、注文が相次ぐようになりました。

初めはそのつながりで仕事が広がっていきましたね。」

そして、Cさんは続けて語った。

「それともう一つ、そのお問い合わせが増えてきた頃、私がやっていることはもしかしたら皆さん知らないのかな?と、そう思いまして、WEB製作ツールの入門書を書き下ろしたのです。

たしか、私が使っているツールに関する著書もなかったので。

すると、その頃から急に注文が相次ぐようになりました。

著者の作田 勇次さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。