5年前と5年後の思いが繋がった軌跡。

書いているときは日付が変わって
13日になってしまったけれど、

11日
3・11

確か、5年前の3.11も金曜日でした。


「笑っていいとも」の収録を初めて見に行ったんです。

そのときのわたしは、「食べること」を一つの試練に思っていたときでした。

大学時代に、病気を発症して
がむしゃらにサークル活動と学校とのバイトの往復で、
恋愛もなんだかドロ沼で。

それでも、ヒトだけにはすごく恵まれていました。


この環境ではよかったと思っていました。

だから、
大企業と呼ばれる憧れの企業に就職できたときに
これから始まるバラ色の人生に夢を抱いていました。



なのに…・


なんで、、、わたしだけ・・・。


当時、通院を考えたのは、
それが天職だと思ったから。

「サービス業」という業界で働くことが
本当に幸せで、楽しくて

笑顔をつくらなければいけないなかでも
一歩ずつ、一歩ずつ頑張っていこうと思っていたからこそ
病気と向き合おうと決めたからこそ
「通院」を決めたんです。


「世間でいえば」不規則な生活。

それが、わたしにとっては生活がしやすかった。


この矛盾が、休職という選択につながっていきました。


最終的な決定をするのは、自分自身だからこそ
この選択を決めたのは自分です。


…甘えもどこかにあったのかもしれないです。
「入院してみたかった」そんなどこか願望が。


バカでした。


そこから復帰ができなくなるなんて。


だから
2013年の誕生日は、泣いて過ごしてました。


3.11の「笑っていいとも」は、友達が応募して連れ出してくれたそんな日でした。


当たったら、外へ出かけよう。


そんな気持ちで出かけた日だったような気がします。


久しぶりの新宿と、初めての「笑っていいとも」。

まさか当たるなんて、、、っだから神様がそうやって導いてくれたような気に勝手に思ってました。




・・・・


地震が起こったのは、収録が終わって
ランチを食べているときでした。


久しぶりのランチ。


なのに、


たぶんね、


そのランチも、地震がおきなかったら、いつものようにたくさん食べていたんだと思います。


地震がおきたから、あのとき、わたしは食べることができなくなってしまった。


状況がつかめたのは、次の日、家に帰ったときでした。


東北の地で、津波の被害の状況を知りました。
それなのに、東京はいつもと同じ。
意外とわたしはいつもと同じ。

食べられない人と、食べなきゃいけない人。


食べたくないのに…
と泣いていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれから、たくさん月日がたって

5年。

5年間、わたしは正直、「3.11」を意識したことはあまりなかったと思います。

毎年「仕事」をしていたんだと思います。

今年は無職で、不思議と、あの時と同じ境遇です。

そんなとき、ふっと前日に「生姜焼き」を作ろうと思ったんです。
それでも、一人暮らしは高校卒業と同時に始めたのに、
これまで一度も実は作ったことなくて、初めて作ったんです。

食べたことあっても作ったことない。
それでも、作り方は母親のをみtいたりと知ってはいました。

「生姜焼き」…
「タモリさんの生姜焼きレシピ」が話題になったのを思い出して
それを調べて材料だけみたんです。

あ、家にある!

分量も均一くらいね!よし、大丈夫つくれる!


…と作ったのが、「生姜焼き」でした。


若干、考えながら作ってみたなか完成した「生姜焼き」
「おいしい」って言ってくれて。


ふと、そのあと、

3.11のニュースを思い出したときに
思ったんです。


あの時、「食べなきゃ」と必死だったわたしが、
今、だれかの「おいしい」をうれしく思って、
「食べるため」にご飯を作っている。


そして、「笑っていいとも」に連れ出した友達のおかげか
タモリさんレシピで生姜焼きを作ってる。


まだまだ、完治には道のりはあります。

それでも、

時間はしっかり、前へと進んでいるんだと思いました。


それが、とても嬉しくて。

だれにってわけでもないけど

「ありがとう」って思いました。


きっと、一日を思えば、辛いことの繰り返しでも、
降りかえれば、そうやっていいこともあるから

大丈夫だよ。

って、いつかの私が、わたしにエールを送ってくれてるような気がしました。

---------------

一日だった、2016年3月12日。

何事もなかったかのように、世間は普通でした。

あんなに、3.11と騒いでたのに
嘘みたいに、普通の休日。

それでいいのかなと思いながら、それでいいような気もしました。

一日は、悩んでも辛くても泣いても、楽しんでも同じ一日。
だから、精一杯生きたほうがいいんだもん!

そしたら、また次の一日の楽しみにすればいいから。
精一杯楽しもーって。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。