運動神経最悪だった私が厳しい運動部に入った結果

1 / 2 ページ

これは私が中学の頃に出会った担任の先生の話。

私は中学の頃、バドミントン部だった。だが、当時の私は運動がとても嫌いだった。

なぜバドミントン部に入ったかというと、仲のよい友人がそこに入るからだ。バドミントンなんてただそこにいてきた羽を打ち返せばよいとか思っていた。

しかし現実は違った。

私は運動神経がよくない。ステップも踏めず、肩はあがらず、何より羽が飛んでくるスピードが桁違いだ。

当然そんなもの打ち返せないし、びびってコートの真ん中で固まってしまった。

もう部活を続けるのは絶対に無理だと思っていた。


限界を感じて、退部を顧問に相談しようとしたが怖くてできなかった。先輩にも同期にも相談できなかった。

私の部活はかなり厳しく、意思が弱いものは徹底的に叩かれた。

前にしんどさから退部を申し込んだ子がいるが、その時はいろいろ大変だった。顧問をはじめ、先輩にもいろいろ説得されたようで、結局その子は周りの圧に負けてその後も部活を続けている。

私はその子みたいな状況になって精神的に逃げ場をなくすのが怖かった。

学校に、私の苦しみを打ち明けられる人はいなかった。違う部活の友達に相談する気力もなかった。親も頑固で古風な性格なので今の私じゃ押しつぶされるだけだと感じて言うのをやめた。

こうして一人悩み倒し、もうすぐ鬱になろうとしていた。




ある日学校で二者面談があった。

担任の先生は私になにげなくクラスのこと、友達のこと、勉強のこと、いろいろ聞いてきたがとうとう部活のことも聞いてきた。

「部活はどう~?楽しい?」

「……」

思わず黙り込んでしまった。相当嫌なオーラを発していたのか、一瞬で

「辛い?」

と図星なことを言われてしまった。

「はい」

そしてもう普通に部活をやめたいことが口から漏れていた。最終的に、私は泣いていた。

そんな私に、先生は優しく慰めてくれた。

「あらら、そうなのね。もう~嫌ならやめていいのよ~大丈夫よ~でも一ついいこと教えてあげる。とりあえずつ辛い時こそ笑顔が一番よ、本当よ~」←※男の先生

正直適当な片づけ方じゃないかと感じたが、先生の柔らかいオネエ口調と楽観さで和らいでしまった。




とは言っても、部活の辛さはまったく和らぐことはなかった。

だいたい、こんなに辛いのに笑顔とか無理だった。

まだ部活の誰にも退部したいことを言ったことはなかったが、さすがに酷く辛そうな私に顧問の先生は個別に私を呼び出し、ついていけないなら無理するな、的なことをそれとなく言われた。

悔しかった。

前に退部しようとした子は説得して止めたくせに、私には無理するな、などと私が本当に向いてないみたいじゃないか。

いや、本当に向いてないからこんな思いをしてるのだがいざそんなこと言われるととてつもなく悔しかった。

「いいえ、大丈夫です頑張ります」

口が滑ってそんなことを言っていた。全然大丈夫じゃない。

しかし言ってしまったので仕方なく頑張ろうと思った。肩の荷が重かった。


みんなの読んで良かった!