おらが学校


農道を軽自動車でいくら進めども、目的の小学校は見当たらず。

これじゃ校長先生との打ち合わせの時間に間に合わない。

だいたい前の日の夜にグーグルマップで検索しても

農道を直進、左、右、左、左とか書いてあっただけだし。

目印ないから意味わからんし。もう畑仕事してる人に聞くしかない。


どんどこ進むと、畑仕事をしているおばちゃんと息子さんを発見。

スーツ姿で降りて道を尋ねると、どうやら目的地は、まだ先のよう。

道のりを説明してもらいましたが、私が要領を得ない顔をしていたせいか

連れて行ってくれますよね、的な顔をしていたせいか

「母ちゃん、連れていっちゃらんね~。」

結局、おばちゃんが学校まで軽トラで先導してくれました。

めっちゃいい人ばかりの予感。


校長室の扉をノックして、おずおずと入室。

「しつれいします。」

貫禄のある女性校長。勤務体系、今後の日程について打ち合わせが終わり

農作業をしていた人に先導してもらった話をすると

「電話で農道を直進、左、右、左、左って説明しましたよね・・・?」

ですよね。


木造二階建て。

ちいさなちいさな小学校。

4月から私の勤務先になります。

敷地内の、桜も菜の花も満開。

全校児童は100人にも満たない、おらが学校です。
















著者の高木 美智子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。