26歳でカンボジアで起業し社員30名まで成長させた話

1 / 3 ページ

後編: 29歳で東京でアジア向けのサービスを始めた話

ベンチャー企業で働いてから、起業する!


そう決めていた大学生の僕は2010年に新卒でベンチャー企業に就職した。


自分なりにめちゃくちゃ頑張って、新卒1年目で福岡の支店立ち上げに関わることができ、新卒2年目で福岡支店の支店長になった。そして入社から3年目。そろそろ起業についても考えなきゃな。そう思っていた時期だった。


3年目にちょうど入ったばかりの2012年4月。大学時代にお世話になっていた先輩の社長さんにお会いする機会があった。その方は東京で経営していた会社をバイアウトし、その資金でカンボジアに会社を作るということを聞いた。


正直「なんでカンボジア?」という思った。ただ先輩に「一回見に来たら?」と誘って頂いたので、翌月のゴールデンウィーク休みにカンボジアに旅行をすることにした。


そこで見たカンボジアはいままで僕が想像をしていた、

「地雷」

「貧困」

「ボランティア」

「内戦」

などのイメージとは異なっていた。

僕自身の感想で言うと

「カンボジアは国自体がベンチャーだ。」

ということだ。


外資規制もほとんど無く、外国企業をどんどん受け入れ経済を発展させようとしている。さらにお店がどんどん出来、建設中の建物が立ち並び、活気づいている。


これは面白いかもしれない。

まずはリサーチをしよう!帰国してから色々と調べてみた。

ざっくりだが、3つのポイントが見えてきた。


1つ目。国全体の平均年齢。

日本は平均年齢44歳。カンボジアは平均年齢23歳。

当時の僕は26歳だったので、日本なら平均年齢より18歳下の後輩。

カンボジアなら平均年齢より3歳上の先輩になれる。

若い自分にもチャンスがあるかもしれない。


2つ目。人口の増加率。

日本は2010年から2020年で2%の人口減少。

カンボジアは2010年から2020年で18%の人口増加。

この国は、これから伸びるぞ。


3つ目。情報のズレ。

カンボジアはGDP成長率でも非常に高く、ポテンシャルが高い。

ただ、日本で聞くカンボジアのイメージは「地雷の国でしょ?」とかそんな状態。

これはライバルが気づいていない、ブルーオーシャンかもしれない。


みんなの読んで良かった!