トラックメイキングにハマった歴史を語る〜Roland Groove box編〜MC-505とSP808

1 / 2 ページ

新宿のディスコ入り浸りの10代

まずは簡単に音楽遍歴を。

中学からバンドをやってて、ドラムを叩いてました。

高校の時は勉強もせず、軽音、そして夕方からディスコに入り浸る生活。

1980ー90年代の10代に触れたディスコやダンスミュージック、ロックの血中濃度は高く、いまでもその時代が真ん中です。

そんな青春時代を超え、20代後半くらい、2000年手前、1998年にくらいかな。

家電量販店の音楽コーナーに行った時に、こんな楽器が陳列されていて最初は意味不明すぎて、閉店まで未知なる機械に触れる原始人のような気持ちで恐々触ってたわけです。


Roland MC-505

なんだこれ?

まず概念も機能も意味もまったくわからず、急に爆音が店内に流れないか?壊れないかおどおどしながら、つまみをいじってたわけです。

勇気を振り絞って店員に

「こ、これ。なんですか?」

って聞くと、店員は「あぁ、面倒な素人が来たなぁ。という目線で」

「シーケンサーです(が、なにか?という言葉にならない語尾)」

「シ?シーケンサーって何ですか?」と聞いては見たものの、その説明もわからず。

まぁ習うより慣れろで、大雑把なことを掴むまで数時間はその場を離れなかった気がします。迷惑な客だったと思います。

数日楽器屋に通い概念を獲得

でも、だんだん見えてくるわけです。その意味が。全てのボタンやつまみには意味があるわけだ。


特に、この楽器の中心部。よく見ると、フェーダーと呼ばれるスライドするつまみと、下に光るボタン。

一番左の「R」というボタンの下には、繋がるように「BD」「SD」ボタンがある。

ここが攻撃すべき本丸と見抜くわけです。

ボタンを押すと、そのパート。つまり「R」はドラムセットで「BD」はバスドラム、「SD」はスネアドラムといった個々の音。押すとあらかじめ用意されたリズムがながれる仕組み。

同様に1ー7まではシンセサイザでメロディーやベースなどの音が入っていて、それらを抜いたり重ねたり、フェーダーで音量のバランスを調整するわけです。

そしてそれぞれのパートは一小節や4小節といった短い繰り返し(ループサウンド)になっていて、特にダンスミュージックはこのパートと呼ばれる楽器を抜いたりさしたりして作られるので、あっという間にそれっぽい曲構成になるんです。

逆に言えば、これでダンスミュージックの基礎を学ぶ教材にもなる機材なんですよね。

このあたりはYouTubeを見るとわかりやすいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=PfBJsUme8rk

まぁ、当時はYouTubeがなかったので、勉強するのに苦労しましたが、いまはいい時代ですよね。

ただ、これだけで作り始めると結構インターフェイスが面倒で、PCを使うようになるわけです。

Roland MC-505

ついに購入

ペットショップに通うと、「この子が俺を呼んでる」的な妄想スイッチが入るのですが、まさにMC-505は店を後にするたびに後ろ髪を掴むわけです。

で、気づいたらこれが家に鎮座したわけで。それからは、打ち込む日々。。。と思いきや、本と一緒で本屋で運命の出会いを感じた本も家の本棚に入れた瞬間、安心感とともに積ん読の運命に。

釣った魚が泳いでるわけです。

まぁ、あるある話なのですが、言い訳をすると、こうしたオールインワンの打ち込みと言われる作曲から演奏までできる機材は、この曲作り部分が結構面倒で、プリセットを鳴らして終わるんですよ。

そうこうしているうちに、また楽器屋で発見するわけです。

そこで、当時よくこの機材の横に鎮座してた機材を目にしてしまうわけです。

まさに、これって変な商法にひっかかった情弱な買い方ですよね。

みんなの読んで良かった!