大嫌いな水泳から学んだこと zero

1 / 3 ページ

 「趣味はなんですか?」と聞かれたら、「水泳」と答えます。


実は、今でこそ、平泳ぎやクロール、背泳ぎ、バタフライは腰に負担が掛かるのでパス笑

3つの泳法を習得しました。

実は、4年前の12月までは平泳ぎしか泳ぐことができませんでした。

さらに、海やプールは専門学生卒業以降は年々回数が減り、ほとんど泳いでいません。

専門学校は、船舶関係で、つまりは船員になるための学校に行きました。

しかし、その時は平泳ぎもできない状態でした。

つまり、全く泳げない金槌なのに、その道に進んだのです。

無謀だと思いますよね。

当時、学校案内にはこう記載されていたのです。


泳げなくても大丈夫


泳げない現状にはまったく考えず、開かれた船長への道に希望を抱いていました。

泳げなくても大丈夫なら、なんとかなるだろう。

高校進学ではプールがない学校を選びました。

中学校では、プールの授業は毎回理由をつけては見学していました。

小学校も、プールの授業は大嫌いだった。

毎年、夏休みのプールが憂鬱で本当に仕方なかったし、学校に行く途中でサボって休んだ。

とにかく、プールの授業はずっと嫌いだった。


怖い


この嫌いだった理由は、怖かったから。

水が怖いというよりも、友達同士の悪ふざけかもしれない。

もともと、泳ぎもできなかったから、水の中は息苦しかった。

とにかく、我慢できなくて、すぐに苦しくなった。

自分は泳げない

自分は泳げなくていい

いつの間にか、自分を正当化するようになっていた。

泳ぐことに対して、全然前向きになれず、ひたすれ逃げる選択をした。


流れるプールは好き


学校でも市民プールでも、流れるプールは大好きだった。

不思議とその時間だけは、楽しかった。

泳ぐことは嫌いは相変わらずだった。

海も好きだった。

でも、眺めている方が好きだったかな。


嫌いになったもう一つの理由


みんなの読んで良かった!