私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・その1

2 / 2 ページ

次話: 私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・その2


今の現場ではお役に立てなかったんですね

と率直に突っ込んだら、


元部署の上長
そんなことはない。

こっちも人手不足だからいなくなられたら困る。

なんて言われたのですが、


元部署の上長
だからといって、断られても困る。

なんせ相手方から、名指しでご指名がきているから。

と告げられ。

そこまで言われたら、

頑張るしかないでしょ。

気持ちを新たに覚悟を決めたというのに

異動した初日から、

請負社員になった前任者さんったら、

私にだけ敵対心丸出し。

ちなみに私よりも年上。

その現場での仕事のベテラン。

そんなところに放り込まれた私は、

初日から、

引き継ぐはずだった仕事を取り上げられました。

その前任者(以下、おねーたま前任者)に。

どうなる、私。

敵対心むき出しの相手にそのままぶつかっても、

あいては百戦錬磨の猛者。

大人しくしておいた方が身のため。

そんな戦法で、

やる気だけはそこはかとなく漂わせたものの。

私以外の人には、

人当たりのいい面倒見のいいお姉さん

だったおねーたま前任者には、

全く歯が立たずに2か月が経過したのでした。

続きのストーリーはこちら!

私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・その2

著者の今岡 直美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。