イジメの本質は「自分の安心領域が侵される」こと

1 / 3 ページ

私は、中学で「テスト作って貰えてありがたいな」と思ってたバカ正直な女でした。

そのためか、大きくクラスの過半数の人から無視されてました。


イイ子ちゃんすぎたから。


「授業ありがてぇ~」「定期テストありがてぇ~」


「採点までしてくれる、学校の授業ってほんといいシステムだなぁ♪」


痛いけど、ほんとそう思ってたのです。


私は入院あけの体力ない状態で退院し、中3の夏から勉強を始めました。

1年の内容から始めて、ほぼクラスTOP層まで行きました。

退院あけで、優しかったみんなが、私の成績があがるにつれて冷たくなり無視されるようになりました。

成績があがったので、集団の中で絶対評価の受験生の大半の安定を脅かしていたことに気づきました。


しかし、いうまでもないが、

勉強・学習態度の関してだけ言えば、私は何も間違ってない。


受け身で通学する大半の同級生が、


教える人を長年渇望してた私の熱量を想像できるだろうか。


私の不登校は小4に始まり、入院中の院内学級は基本自習(同時に同学年がいることはまれ)

その間ずっと進研ゼミ的なものだった。


教科書と参考書と、ゼミを眺めて、問題を解き、


「あぁ、やっぱり分からない」と答えを見て、

「教科書にそった授業が受けたい」と思っていた、約5年も(笑・・・・


こんなにモヤモヤした時間を過ごした。母に聞いた事も看護師や医師に聞いたこともある。でもその時そこを勉強してる教員に聞くのが一番手っ取り早く確実な回答を得られるのだ。

母に限ってはプライベートでは教えたくない教員である。


そんな私が学校へ行く。行くだけで授業がある、


教科書に沿って教えてくれる!


宿題も予習復習も適度な課題がでる。それで記憶に定着できる!


忘れそうな頃に定期テストがある!


なんっつうううううう恵まれた学習環境なんだ学校は!

みんなの読んで良かった!