最悪の選択と人生を変える運命の本との出会い

1 / 9 ページ

2010年の夏。
私は夢に破れ、目標も持てず、ただ生きているだけの状態でした。

貯金も尽きたこともあって、私は働くなら給料が良いところにしようと就職活動を開始しました。また資本を貯めて、起業しようと目論んでいたのです。

私は、給料が良いかどうかそれだけで、働く先を判断していました。

すると、幸運なことに2社目で合格することが出来ました。


やるからには本気で。そして、どんどん昇給させてもらえるよう、がむしゃらに頑張ろう。
そう決意して、仕事に取り組みました。

みんなの読んで良かった!