私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・その3

1 / 12 ページ

前編: 私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・その2
後編: 私をうつ病に追い込んだ人もまた人生に疲れた人だったというお話・最終回


疲れていたのはおねーたま前任者だけではなかった



私の作業机は、


おねーたま前任者のすぐ隣。


私がそこで作業をしている時は、


必ずと言っていいくらい、


彼女は自分の席で同僚と大きな声でおしゃべり。




噂話に疎いうえに、


他人の事情にも全く興味のなかった私が、


おねーたま前任者も疲れていることに


気づかされたのは、


全て彼女の口から(同僚を話し相手に)


次から次へと漏れ出ていたから。




同じ職場の前上長と結婚し、


自分の父親を自宅で介護し、


その前上長は、


工場がある会社の傘下に入った際、


転勤を余儀なくされて単身赴任。




おねーたま前任者は退職予定だったけれど、

みんなの読んで良かった!