同じ火薬は、悲しみをも、笑顔をも生み出す。

こんにちは

世界中に友達を作ることが世界平和に繋がると思い世界一周をしてきましたMONAです。

今回はベトナムで感じた平和のお話し。


ベトナムの古都フエにやって来ました。昔の都があった場所というだけあって、寺院や宮殿などの美しい歴史的建造物がたくさんあり、心弾む街並みです。散歩中、あるかわいいカフェを見つけたので、一休みすることにしました。すると、大学生の女の子5,6人が私の席に近寄ってきてくれました。その子達と、私の海外の旅についての話で盛り上がり、うち一人だけと連絡先を交換して別れました。その日うちに、その女の子から連絡がきて、明日からちょうど学校が休みだからうちに遊びに来て、とお誘いを受けたのです。そして次の日の朝、彼女のバイクに乗って家へと行きました。



お家には妹さんもいて、日本に憧れがあるというその子は私が来たことをすごく喜んでくれました。お母さんが作ってくれたベトナム名物のフォーをいただいてから、3人で近くの海に遊びに行きました。暗くなり家に帰るとお父さんも帰宅しており、一緒にウイスキーで乾杯をしました。



少しだけ遊びにいくはずが、そのままなんと4日間もお世話になってしまったのですが、その間、バイクに乗って毎日いろいろなところに連れて行ってくれました。うち一日は女の子の友達6人くらいと一緒にお寺に行き、一緒にお寺でご飯を作ったり、お寺の方が川に連れて行ってくれて、みんなでわいわい遊んだり、お寺でお昼寝したりと、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。


 4月30日南部解放記念日。この年は南北に分かれて戦ったベトナム戦争終結40周年でした。近くの川から花火が上がるからと、家族みんなでバイクに乗り、花火を見に行くことになりました。周囲はものすごい人だかり。花火が上がると、みんな一斉に夜空を見上げました。戦争を体験されているでしょうお父さんもお母さんも、笑顔で見上げていました。近くには、アメリカから来たという家族もいました。私たちは、みんなみんな、笑顔でした。昔、アメリカとベトナムは、日本とアメリカは、戦争で戦っていたのに。火薬は人を傷つけることもできれば、このように笑顔にすることも出来るのです。


日本は震災がたくさんあります。でも震災は地球の現象だから、防ぐことができない。しかし戦争は人と人との間で起きるから、防ぐことができるのです。この世からなくすことは、絶対にできる。だって私たちはこうやって、一緒に、花火を見て笑顔になれるのだから。


著者の松本 真奈美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。