「びっくり箱」のようなアイドルをめざす黄色い女の子 その2

ウェブ配信によるオーディション[いきなりアイドルプロジェクト]の第一弾ユニット

CHOCOLATE STORIES チョコレートストーリィズとしてデビューに向かって進んでいく毎日

レッスン、ライブの他にレコーディングも開始!


------------------

レコーディングは、仕組みがすごいなって思ってました!


いろんな人の曲を聞いてて、ちょっと食い気味なところとかどうしてるんだろう?って思った事の謎が解けてスッキリしてます(笑)

カラオケとは全然違くて改めて自分の歌声を聴く事が出来て楽しかったし、面白かったです!

これから経験積んでスムーズなレコーディングが出来るようになりたいですね!


7月末から始まったこのプロジェクトもついにデビューLIVE目前!

本当に「いきなりデビュー」させてくれてありがとうございます(笑)

周りはとても緊張しているみたいですが、自然と緊張がなく早くみんなの前に立ちたいという思いだけです!

「私の仲間はこんなに素敵な子達なんだよ!すごいでしょ?」って言いたいくらい!

ここまでサポートしてくださった運営の方、ダンス講師の方、サウンドプロデューサーさん、私達7人だけでなく多くの方の協力の元で、ステージに立てること誇りに思ってデビューを楽しみたいと思っています!


実は!!これを書いてる今も、レッスン期間でございます!

もっともっと煮詰めて、間近に迫ってるLIVEを最高のものにしたいので来て下さる方、お留守番チーム、関係なくみーーーーんなで最高な日にしましょう!



メンバーに関しては本当に助けられていると思います。

一人一人が優しくて、メンバー思いでそんな子達がこんな私と一緒に活動してくれてる事とても嬉しく思っています。


ただ、みんなが優しいが故に時に言いたい事が言えてないんじゃないかと思います。

もっと素敵なグループになれると思ってるので、みんなで話し合えるところは遠慮しないで話し合える関係でいたいと思っています。


自分にとっての課題はしっかりし過ぎないことかなって思ってます。

営業から何まで1人でやってきて、良く言えば「しっかり」悪く言えば「固いすぎる」その固さっていうのは応援してくれるファンの方々にも伝わってくるものだと思うので、固いと近寄り難くなってしまうのではと思うようになりました。

その辺を上手く調節できるように。固さが全面に出ないようにするのが課題かなと思います。


あとは、見た目もスキルも他のメンバーに比べたら全部まだまだなので、人に見られ、人の前に立つ人間としての自覚を改めて持ち、また「可愛さ」があまりにも足りないので、もう一度しっかり見直したいと思います。




著者の未来の アイドル物語さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。