初めての金縛り。それを普通と言ってしまった父の話

 中学二年までまともに学校に行ってなかった僕は当然のこと成績はビリだった。


まあ理由は色々あるが、勉強がが出来なかったから、劇団に入り役者を目指したという理由と、ただ単に目立ちたかったから劇団に入ったという理由。まあ後者の方が当たってるであろう。


それくらいに目立ちたがり屋だった僕。何せ目立ちたいからと言って授業中はウロウロと教室の中を歩きじっとはしてられない僕。


その後色々とあって、多動性疾患を患っていたのだろうと推測される。


昔の話だ。多動性疾患などという言葉があったかどうかさえも怪しい(笑)


多動性疾患。何とも嫌なネーミングの疾患名であろうか?動きが激しい子で良いではないか?(笑)


だいたいクラスに一人か二人はいたはずだ。そんな子供はよく居たはずだ。


それが、何十年かして病気になってしまった。昔はひもで縛りつけて大人しくさせていた学校もあったという。


精神疾患患者に電気ショックを与えていた時代もあったというから、恐ろしい。時代を間違えていれば、僕も電気ショックを与えられていたかもしれない。


まあ、そんな事はさておき、金縛りの話だ。


話は小学校時代から中学校二年の終わりまで飛ぶ。


テレビやラジオに出ていた子役の少年が、急に受験勉強をしろと言われたから、すったもんだの大騒ぎ。


もうそろそろ、受験勉強始めないと早稲田行けないぞ?
は?早稲田?俺のレベルを知ってるのか?オール1だぞ?美術以外は。。。。。。
そんな事はどうでも良い。子役なんかで飯が食えるか!とにかく今から勉強して、大学は早稲田の政経に行け。
だから~~~~。美大ならいざ知らず、勉強と言うか、英語のABCから分からんよ?数学も算数のレベルで九九だけしか分からんよ?
う~~ん。そんなに酷いのか?
うん。マジマジ。あなたの息子は、酷いよ。勉強なんてしたくないしね。
勉強は俺が教える。今までは何にも勉強教えて来なかったが、今年一年はばっちり教える。内申書の上げ方も俺が教えるから、安心しろ。
安心しろって言われても、勉強なんて嫌だ~!
駄々をこねるな。
嫌なもんは嫌だ。最低ランクの高校で良い。だから勉強しない。
最低ランクの高校も入れんよ?オール1じゃあ。
っぐ。。。。。。。。。んじゃあオール2くらいにする。
そうだともそうだとも!!向学心がなきゃいかん!!
でも役者は?
もう辞めとけ?悪いことは言わん。お前くらいのレベルじゃあ潰される。
んなこと言ったって、結構テレビ出てるじゃん?
そんなもんは世の中沢山いる。
っぐ。んじゃあ今度のオーディション受かったら、勉強しないで役者になる道を選ばせてくれる?
う~~~ん。お前は役者に本当になりたいのか?
うん。なりたい(目立ちたいw)売れたい。
分かった。落ちたら勉強やれよ。

それから一週間くらいした後にオーディションがあって、主役を決めるオーディションだったんだけど、当時「うちの子に限って」って言う番組の主役の子が主役になっちまった。


俺は半ば出来レースじゃねえ?????


こんなのオーディションじゃねえよ?


とかぶつくさ言いながら、頭を抱えて帰ってきた俺。

落ちたよ。
がはは。落ちたか。んじゃ勉強な!!!!!
うん。約束は約束だ。
俺が今から参考書買ってくるから待ってろ!
はーい。(っち)
買ってきたぞw
早!!!!
五科目だけだからやれ!あとの科目はお父さんが内申書の上げ方を考える。安心してその参考書中三までの分全部買って来たから、この春休み中に全部やれ。終わらなかったら許さん。
はい?????全部ってこんなにいっぱい?
大丈夫。お前の親父は天才児だった。その息子のお前も天才児のはずだ。
そんなこと言ったって、土台が違いますよ?
うっさい。四の五の言わずにやれ!
あの一日何時間くらいやれば追いつくの?中三までって。。。。。。
そんな事はお前の頭と相談だ。
う~~んと、取り合えずやることはやるけど、どうなっても知らんよ?
今以上に下がることはないから安心だ。とことんやれよ~~!!
あいよ。男だから頑張る!!


と言って約二週間ちょい死ぬ気でやりました。


睡眠時間はほぼない。


勉強だらけ。


そうしたら来たんです。。。。。。。。。


金縛りが。。。。


金縛りって知ってます?????


脳は起きてて体が寝てる状態です。


脳はフル回転で頭働かせてるから、眠れないんですよね。


でも体は疲れてるから休息しようとする。


その異常事態を父に伝えに行ったんです。


お父さん。急に変なもんが寝てる時に部屋に出るんだけど。お化けみたいなのが沢山出るんだけど?
うん。大丈夫。それは金縛り。お父さんも受験期にはよくあった。
あ、そんなもん?
うん。そんなもんそんなもん。
そっかあ。俺頭がいかれたのかと思ったよ?ああ、良かった。
怖いか?
うん。めっちゃ怖い。ねえねえ明日からお父さんの部屋で寝てもいい?受験終るまで。
良いに決まってるさ。おいでおいで。
そっか。んじゃあ布団運んでくるよ。
おう。お父さんがお化けを撃退してやる。
ああ、良かった。お父さんならやっつけられそうw
任せろ。


ここがターニングポイントだったのです。


普通の親なら金縛りにあった子を放っておきません。父は自分もあったから放っておいたのです。


僕は人の親になっていますので、子供たちが金縛りにあった時にはクリニックでも良いから受診する事を勧めます。


金縛りは決して睡眠不足だからと言って起こるものではないみたいです。


金縛りは前兆です。


ある一種の精神疾患の。


それは親が気付いてやるべきです。


親が気付いてやらないで、一体誰が気付くのでしょうか?



僕はその、幻覚症状にあってからボロボロの人生を送ることになったことは言うまでもないのですが、もっと早くに気づいていれば、方法もあっただろうに、と考えます。


子供心に自分がちょっと他人と違うとは思っていましたが、違うどころか病気だったのです。


そこに親も自分も気付かなかった。


だから苦しみましたし、薬なしで幻覚と戦わなければならなかったのです。


こういった、不幸な子供を一人でも減らしたい思いから、あえて書きました。金縛りは放って置くとヤバイ状況になると言うことをお知らせしておきます。金縛りにあった時は、取り敢えずクリニックでも良いし、学校の保健室でも良いのでご相談下さい。

最近では心の病などにも、きちんとしたケアがなされてきました。


決して怖い病気でも何でもありません。薬さえ飲んでいれば普通の人達と一緒に働いたり勉強したり、恋をしたり、結婚したりも出来ます。


皆さんも是非良い機会ですので、子供の金縛り体験聞いてあげて下さい。


ここまで読んでただいて有難うございました。


なお、成績は中学ではトップレベルの方まで行きましたし、大学も行った大学こそ無名大学ですが、早稲田に入るくらいまでの偏差値はありました。


父に申し訳なかったなあと思いますが、早稲田に行きたくなくなった理由が僕にはあって、今となってはもう取り返しも付きませんが、今のところ何処の大学に行ってもこの病気は発病してたと思います。


東大だろうが早稲田だろうが慶応だろうが、全部一緒。いつかは因子を持ってれば発病します。

因子を持ってて条件が重なれば発病します。


良い条件とは無理をせずにきちんと食べて、きちんと眠って、きちんと休息とって、ストレスを与えないことかと思います。


皆さんも是非この機会に精神疾患について少し勉強してみてください。色んな幅を持った豊かな人間になる事でしょう。


豊かな知恵と間違いの無い、偏見の無い知識を持ってすれば、なんら怖いことはありません。敷居も精神科は昔ほど高くはありませんし。


鬱意外にも様々な精神疾患はあります。


根性でどうにかならない病気も沢山あります。


皆さんも知人や親戚、もしくは家族に心の病などの人が居たら真剣に病気について理解を深めてあげて下さい。


僕からのささやかなる願いです。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。