ボクは、最低の息子、最悪の父親

1 / 2 ページ

 父に見せたかった初孫

 皆さんは、親にとって良い娘、良い息子だろうか。私は、悪い息子だった。

  幼稚園に入る前に、喉にデキモノが出来て地元の病院で切ってもらった。それは失敗したらしく、名古屋の日赤病院で手術をしてもらった。帰りに道で麻酔が切れて目をさましたら、タクシーの後部座席に寝かされていたことを覚えている。

  母は、手術に立ち会って卒倒したそうだ。

小学校の高学年まで、身体が弱く喘息持ちだった。よく父に塩浜の病院に連れていってもらった。泣き虫で、男らしくなかった。「大事なアトトリ」と言われて甘やかされ、ひ弱な男の子だった。

泣いてばかりいた情けない思い出が多い。

中学校ではいくら勉強で頑張っても、トップクラスにはなれなかった。高校に行っても同じ。神経が細すぎ、大学の受験前にノイローゼで倒れて入院さわぎを起こし、母は「プレッシャーをかけすぎ」と医者に叱られていた。そんなことなかったのに。

大学では、ある女性に夢中になり、留年し、心配をかけた。大金を出してもらったのに、卒業しても、大学院を受けると言って、正規に就職せず、アルバイトで生活し、アメリカに飛んで行き、実家に寄りつこうとしなかった。

結婚したら、バツイチになり、親ばかりか、娘たちも悲しませた。塾のための土地を買うときは、連帯保証人になってくれたのに、父と大喧嘩になり、塾がうまくいくと「オレは父を越えた」と傲慢だった。

本当に、最低の父親、最低の息子だった。

自分がしてきたことをふり返ると情けなくて、涙がでる。それでも、父が亡くなった時に「あいつは、自慢の子だった」と言ってくれたそうだ。

名古屋大学に合格し、英検1級をとったことを指していたのだろう。文系出身だけど、今は「数学」も指導している。そんなことを近所で自慢していたらしい(http://storys.jp/story/18218?to=story&referral=profile&context=author_other

私は子供たちに社会的な成功など期待していない。そんなことは、どうでもいい。家族がお互いに思いやりが持てる関係でいることの方が大切だ。ところが、ある日、帰宅したら妻がいなかった(http://storys.jp/story/21601?to=story&referral=profile&context=author_other

私は塾生のような才能にめぐまれていない。社会的に成功したわけでもない。小学校の頃は、「年表に載るような仕事をしたい」とか「教科書に載るような成功」をして親に認めてもらいたいと考えていたが、そうもいかないらしい。

  世界一大きなピザを作っても、教科書にも年表に載らない。せいぜいキネス。私の英検1級や、京大二次で7割の数学力も、人の役に立たないと意味がない。

  だから、教える対象を考えざるをえなかった。怠惰で、素行不良生徒を指導していたら、何も残らない。京大や旧帝、国立大医学部をめざす子を指導して気づいてしまったのだ。

卒業後に、Dr.コトーのように無医村で頑張っている。公認会計士の資格をとって事務所を開いた。企業の研究所で遺伝子組み換えの研究をしている。そういう卒業生から、連絡が入り始めた。彼らは、確実に人のために役立っている。

  私は、そんな生徒を指導することに生き甲斐を感じる。彼らが成功していく過程にほんの少し手を貸せた。これが、私の誇りだ。

  これが、私の生き甲斐だ。

2016年度(7名)
 京都大学「医学部」、京都大学「理学部」、大阪大学「人間科学部」、名古屋大学「経済学部」、名古屋市立大学「医学部」、神戸大学「経済学部」、御茶ノ水大学「理学部」
2015年度(6名)
 京都大学「経済学部」、京都大学「総合人間学部」、東京医科歯科大学、大阪大学「外国語学部」、東工大、名市大「薬学部」。

 京大「医学部」に合格できる子は、全国でも指折りの生徒たち。医学部でなくても、数は少ない。そんな子を指導できることが嬉しい。彼らは、賢いし、感受性が鋭いので、普通の学力では「この人では、ダメだ」と烙印を押す。私の塾に来てくれる子は学校や大規模塾の教師、講師では質問に答えられないと不満をうったえる。だから、私は猛勉強しないと見捨てられる。

みんなの読んで良かった!