関西の有名大でGPA4.8を取った僕が、コンサルでの就活で二ヶ月に二度もフルボッコにされた話。

1 / 2 ページ



早いもので、もう4月になった。



就職活動を終えた新社会人と、これから就職活動を迎える就活生。

街中にあふれる彼らの姿を見て、自分にも就職活動に打ち込んだ時代があったのだとしみじみ思った。



僕は、関西の立命館大学出身。

関西の名門私立大学群である、「関関同立」の一角として知られる。

関東の方には、関西の「MARCH」と言えば分かりやすいだろうか。



自分で言うのは何なのだが、僕はこの大学で優秀な方だと勝手に思い込んでいた。



元引きこもりでゲーム大好きのクズ人間にもかかわらず、努力と根性でGPA(成績評価値)では4.8を叩き出す

学内のエラい人から表彰された。お金も40万円ぐらいもらった。



さらに、外国人とダベっているうちに英語やらフランス語やらも身につけ、「なんかスゴい人」扱いされることもしばしば。

黎明期から関わったサークル活動も、そこそこ順調だった。



「俺って、、、結構出来る方じゃね??」



そんな世間知らずのイタい妄想を抱いた僕は、3年生の夏に、某総合商社のインターンシップに行った。



書類を通過し、グループディスカッションも難なくクリア。

ただ、最終面接で、40代ぐらいのイカつい社員さんに、自分の薄っぺらさを看破された。



最終面接で隣に座ったのは、大阪大学の田中くん(仮名)。

絵に描いたような「優秀な法学部の学生」って感じの彼は、自分の夢や意見を論理的、かつ活き活きと話す姿が印象的だった。



帰り道。



タケ「いや〜、田中くん、ほんまスゴいな…。あんなに論理的に話す学生、初めて見たわ…」

田中くん「いやいや、僕みたいなロジカルすぎるタイプ、総合商社では嫌われるやろな。あくまで今回は力試しやで」

タケ「ふーん(ロジカルって何やねん、日本語使えよ)。どっか行きたい業界、あんの?」

田中くん「うん。僕はコンサルになりたいねん」

タケ「こ、コンサル…?なにそれ。。。」



コンサル。


(これはサル)



初めて聞く言葉だった。



田中くん「ハハ。まぁ、今度東京で大手のコンサルティングファームがインターンやるねん。一緒に受けようや」

タケ「は、はぁ…」



正直脳みそが全く追いついてなかったが、田中くんに付いて行きたい一心で、そのインターンにエントリーした。

余談だが、この田中くんは現在、大手ファームで敏腕コンサルタントとしてバリバリ活躍中である。



厳しい書類審査とWebテストをクリアした後。

東京にて、グループディスカッションを迎えた。



タケ「まぁ何とかなるやろ。総合商社のグループディスカッションも余裕やったし」

人生初の東京ということもあり、浮かれた気持ちで臨んだグループディスカッション。



衝撃だった。



全く付いていけない。



周りの学生は、こんな感じの構成だった。



①東大法学部大学院の女性。美人。仕切り役

②ICUの男性。超イケメン。金持ちオーラが半端ない

③法政大学の男性。田中くんに雰囲気がクリソツ

④東大医学部の女性。控えめだが頭はキレた



「まずは前提条件から想定しましょう」

「打ち手を3分でブレストしましょう」

「出た打ち手それぞれのメリット・デメリットを挙げ、比較検討しましょう」



もう、何というか、頭の回転の違いどころの話じゃない。

何だこいつら。バケモンか。

てか何話してんのこいつら。3Cって何?ミーシーって何?



完膚なきまでに打ちのめされた。

思えば、これが東京での就活における、一度目のフルボッコだった。


「ぐはぁ!!!」



帰り道。


タケ「はぁ〜ぁ。皆さんすごいっすね…」

③の男性「そんなことないよ。タケくんも最後、自分の意見を述べて議論の方向性変えたじゃん」

①の女性「そうそう。バリュー出てたよ

タケ「そ、そうなんすか…(バリューって何やねん。日本語話せよもう!!)」

②の男性「そういや、明日はマッキンのインターンのES締め切りだね」

④の女性「そうなの?急がなきゃ。ゴールドマン・サックスも後少しよね」

タケ「あ、あの…(勇気を出して聞いてみよう)ま、マッキンって何すか?ゴールドマンうんたらって何すか?」

①②③④「えっ?!?!?!?!?!?!?!?!」



あの時の一同の「ポカーン」って顔は、一生忘れないだろう。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。