関西の有名大でGPA4.8を取った僕が、コンサルでの就活で二ヶ月に二度もフルボッコにされた話。

1 / 6 ページ



早いもので、もう4月になった。



就職活動を終えた新社会人と、これから就職活動を迎える就活生。

街中にあふれる彼らの姿を見て、自分にも就職活動に打ち込んだ時代があったのだとしみじみ思った。



僕は、関西の立命館大学出身。

関西の名門私立大学群である、「関関同立」の一角として知られる。

関東の方には、関西の「MARCH」と言えば分かりやすいだろうか。



自分で言うのは何なのだが、僕はこの大学で優秀な方だと勝手に思い込んでいた。



元引きこもりでゲーム大好きのクズ人間にもかかわらず、努力と根性でGPA(成績評価値)では4.8を叩き出す

学内のエラい人から表彰された。お金も40万円ぐらいもらった。



さらに、外国人とダベっているうちに英語やらフランス語やらも身につけ、「なんかスゴい人」扱いされることもしばしば。

黎明期から関わったサークル活動も、そこそこ順調だった。



「俺って、、、結構出来る方じゃね??」



そんな世間知らずのイタい妄想を抱いた僕は、3年生の夏に、某総合商社のインターンシップに行った。



書類を通過し、グループディスカッションも難なくクリア。

ただ、最終面接で、40代ぐらいのイカつい社員さんに、自分の薄っぺらさを看破された。



最終面接で隣に座ったのは、大阪大学の田中くん(仮名)。

絵に描いたような「優秀な法学部の学生」って感じの彼は、自分の夢や意見を論理的、かつ活き活きと話す姿が印象的だった。



帰り道。



みんなの読んで良かった!