インドはウザイ国!?世界一周中物売りのおじさんからあたたかい気持ちをもらった時のおはなし

1 / 2 ページ

おはようございます(*^^*)
世界中の人と友達になることが世界平和に繋がると思い、世界一周をしてきましたMONAです☺︎
今回は世界一周中に訪れたインドでのお話し。
私、この言い方きらきなのですが、インドは三大うざい国のひとつと、よく旅人などの間で言われています。
物売りの方がひつこく売りつけてきたりするからょうか。

インドの漁村の村、オリッサ州のプリーに行った時のこと☺︎

ここ、子供がもんのすごーーーくかわいいのですれ興味津々で、目がキラッキラしていて、人見知り知ってる!?ってくらい人懐っこい(*^^*)ちょっと町中に出るだけで、10人以上の子供ちゃんたちに囲まれます☺︎小さい頃から子供が好きだった私にはたまりません!毎日毎日子供ちゃんたちに遊んでもらってました^_^

そんな平和な村で、たまたま出会った日本人4人で、砂浜でお城を作っていた時のこと。
「これが日本の技術力なのか✨」と、大人たちもぞくぞくと集まってきてすごく褒めてくれたんです 笑❤️️得意になって、お城の麓の町や森などもどんどんつくりだしていきました。もうすっかり地元の方に囲まれています。
そこで、もの売りのおじさんが、人だかりの私たちの前を通りかかりました。
すると、売っていた十字架のネックレスを、お城にそっとかけてくれたんです。
そして、私に微笑みかけて、何も言わずに、その場を去っていきました。

ここは小さな漁村の村。数少ない旅行客の私は絶好の物をうるチャンスなはずなのに。売らなくちゃそのおじさん、食べて行けないのに。

みんなの読んで良かった!