一気に開いた日本へのドア

前話: 夫、いまだに無職&鬱
次話: 夏から週5でジム

2015年1月2日に差し押さえ発覚。1月末からバイト開始。

もう火がぼーぼー燃えている状態なので、てきぱきと一つ一つ火を消していくことに必死な私。

2015年1月最後の週末から、土日のバイトを始めました。

これまで、家でも英語だけ、仕事も英語だけ、という生活が続いていました。このバイト、最初はお金が必要でわらにもすがるような思いではじめたものでしたが、なんと、今では息抜きの時間になっています。

日系のスーパーに言って、商品のデモをするお仕事です。日本語を話す機会が激増。友達も激増。あ~私に必要だったのは日本人のだんなさんだったのか、とも思いますが、すでに遅いわ。

結婚を安易に決めた私にも責任があるので、今回私の人生すでに破綻していますが(私が大丈夫なんだけど、夫が破綻してるのかな)、なんとか頑張ってみます。

もしも夫が就職できても、このバイトはしばらくやめないな~だって楽しいんだもん。

元ヤンの女社長も、裏表がない人で、本当にほっとできる人。向こうはなんとも思っていないかもしれないけど、私は一方的に大好き。指示書の英訳ぐらい、無料でばんばんするくらいです。

毎週休みがないのは疲れますが、本業とぜんぜん違う仕事は楽しい。食品は、正直苦手です。なぜなら、お客さんのモラルの低さに疲れるから(笑)

楽しいのは、健康食品と家電!家電は、とっても勉強になります。自分が家電買うときの参考になる。

今回、夫が鬱になりましたが、状況から考えると、鬱になりたいのはこっちのほうです(笑)。でも、もともとの性格を考えると、私はたぶん鬱にはならない。

そんな私のストレスマネージメント、それは朝5時のジムです。


続きのストーリーはこちら!

夏から週5でジム

著者のNishiguchi Satokoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。