きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる⑧まず自分を知ろう、そして自分に合った生き方見つけようよ

 私は一度目の結婚生活で、どれほど努力を重ねても、相手は変わらないことを知った。そして、自分の意志では、どうにもならない力があらゆるところで働いていることも知った。

そこで得たものは、自分を犠牲にして生きると不幸のスパイラルに巻き込まれ、どんどん人生が深刻になっていくということ。私は、離婚をして抜け出したけれど、今から考えると、夫から抜け出したんじゃない。現に前の夫は、短くても穏やかに暮らせた日々があったんだから。

心が現実を創る、まさにそのものだったんだろう。

大義名分として相手を悪者にし、犠牲者になるのをやめて生きたら、どんどん自分のやりたいように環境が整っていった。

次男が成人し、ああこれで母親業ともおさらばできると思ったら、まさかの妊娠に新しくはじまった家庭生活。望んだ覚えはないけれど、未熟な母性に磨きをかけながら、人生をもっと丁寧に深く生きたかったのかもしれない。

ここを人は、夫に守られ、好きなことだけをして生きているように見えるようだけど、実際はそんな生やさしいものじゃない。今の夫も、剣で一突きしてくるほど容赦なく冷淡なときもある。

それよりなにより、好きなことをして生きるには、24時間いつも自分に縛りをかけ続けていなきゃいけないのだ。夢見て寝てるときも、頭の隅では仕事のことを。自由を得るには、拘束が必要なのです。この世は、すへで二極で成立していてて、幸せだけ、楽しいだけなんてあり得ない。


世間から見たら、2016年ふたりの孫を持つ52歳のおばちゃん。

愛だの恋だの情熱だの、毎日ブログ更新して発信し続けているけれど、よくやるねとかの声も聴こえてくるけれど、私が自分にした決意は、そんなちっぽけなものじゃない。

死ぬまで日まで働ける仕事と場所は自分で創る
きれいなのがフツー幸せがフツーの私になる

それが毎日続くフツーの暮らし

これほどスペシャルなものはないのです。

日夜カラッポの頭をひっかきまわしながら、あれこれと奮闘している日々。

トイレや食事をするのもまどろっこしいくらい頭の中だけ走り続けるのは、これも私のやり方。占星術を通して自己表現していく、これも私の生き方。苦しみ悶えてる間も心弾むのは、きっと全力で自分を生きる楽しさを知ったからなんだと思う。

私の太陽、水瓶座
その宮を示す、星 STAR
私が一番好きなカードです。

この星のカードが示すように、描く未来はまだ遠く、星をつかもうと手を伸ばしているようなもの。けれど、その信念を維持する力、育てる力が蓄積されると、それが現実になって現れる。

実のところ私なりの青写真は何もない。
本当のところ、何も望んでないのかもしれない。

だってわたしは
毎日きれいだし、毎日幸せだもの。
毎日、自分に情熱注いで生きているから、幸せでいることがフツーになったもの。

私の星をつかもうと、努力しているが好きなのかもしれないし、その道中で、似た志を持つ人と繋がりたいだけかもしれない。

わたしができたんだから、あなたも毎日幸せでいることがフツーになれるはず、きっと。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。