ある日の、理系女子との会話(1)

2 / 2 ページ

「なんの力も加わらないのに、動くはずがない」

「だとすると、どこからその力が?」

「研究すれば?」

「面白そう!まず、大学合格しないと」

「そうだよ」

「でも、倒れないようにね」

「ありがとうございます。でも、大丈夫です」

「みんな彼氏がどうしたとか言ってるけど、私はあまり興味が持てません」

「それは、それで問題だけどね」

「でも、先生、多くの流行歌が愛たら恋たら、おかしいでしょ」

「私もそう思うけど」

「遺伝子が子孫を残せって言ってるだけじゃん」

「ちょっと、それを言ったらお終いでしょ」

「そうなんですけどね」

「踊る阿呆に、見る阿呆だよ」

「男子って、条件反射なんですか?」

「そんな簡単じゃないよ」

「でも、彼氏が何の反応もしなかったら、ショックでしょ」

「でも、毛の処理とかめんどうだからなぁ」

「はい、もうやめようね」

「先生、立体に垂線をおろす条件なんだっけ?」

「それは、二つの内積・・・」

「あ、ちょっと待って」

「さすがに賢いねぇ」

「できた。じゃ、ここ見て下さい。何が間違いでしょうか」

「あぁ、これは置き換えした時の積分範囲の変化を忘れてる。らしくない」

「もったいないなぁ」

「なにが?」

「黙っていればベッピンサンなのに」

「そうなんですか?」

「これから、お年頃なんだからフリフリの服着てさ」

「それ、ムリ」

「なんで?」

「他人と同居するなんて、想像できない」

「先生もそうだけど、いろいろあったからね。キミはこれからだよ」

「物理の世界の壮大さに比べたら、人間関係なんかどうでもいいし」

「こりゃ、ダメだ」

著者のキョウダイ セブンさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。