「神」と思っていたレベルに、自分が達したとき・・・(1)

1 / 4 ページ

「神」と思っていたレベルに、自分が達したとき・・・

 小学校の頃は、勉強ができる子にあまり興味はなかった。むしろ、足が速いとか、絵がうまい方がチヤホヤされた。中学校でも、1年、2年くらいまでは野球やサッカーがうまい子が女子にモテた。

 ところが、中学3年生になると事情が変わる。「受験」があるからだ。勉強ができるヤツはエリート校とよばれる高校へ行くが、勉強ができないとクズ扱いされかねない底辺校に放り込まれる。

 これでは、マズイ。それで、誰だって一度はエリート校への入学を夢みる。

 

四日市高校は発表が早いので本年度の合格者数。その他は、昨年度の合格者数。

合格者数     四日市高校 桑名高校 川越高校 生徒数  合格率

1, 光陵中学校      16        49         3        180      38%

2, 陵成中学校     17       42         7        200      33%

3,員弁中学校       1       15       7   80     29%
4,東員第二中学校    1          19         9    110       26%

5,藤原中学校      2        10        3          60      25%

6,北勢中学校      5       17        6        120       23%

7,東員第一中学校    2       19      5        120      22%

8,大安中学校     4       8             140      14%

 

ここ三重県北部では、通える高校は、上から四日市高校、桑名高校、川越高校の3つが進学校と呼ばれている。それ以下は、就職組と進学組が混在しているので、偏差値ランキングも極端に落ちる。それで、地元の中学生は上記の3校のどこかに合格したがる。

 

  私の塾に通ってもらっている公立中学校の生徒は、上記の8つの中学校に通う子が多い。公立中学校だから、選抜を行わずに学区の生徒を全て受け入れる。1番、2番は「桑名市」にあり、それ以下は「いなべ市」「員弁郡」にある。

 

光陵中学校や陵成中学校のある地区は、名古屋に勤務する保護者の方が多いので、意識は大都市圏と変わらない。そんな地区で、ゴリゴリの左翼教育をしたら、反発がすごいからできない。

 

みんなの読んで良かった!