ザクザクの髪とみえちゃん

1 / 2 ページ

ザクザクザクっ。

黒いものがハラハラと落ちていく。どんどん積み重なって、床が真っ黒になった。

それは、私の髪の毛だった。


ほーら、もうすっきりした。

彼女は私の肩にぽんと手をおいた。

閉じていた目を開いたら、そこにあるのは、五分刈りのの私だった。

なんで、こんなことになったのか。


さかのぼること1時間前。幼稚園から帰っていつもの駄菓子屋にお菓子を買いに行くところだった。

私はお気に入りのピンクのワンピースを着ていた。


近所の女の子が、向こう側から歩いてきた。

私は、背中を丸くして、下を向いて歩いた。いつも「あけみのあほ!」とからかう女の子だ。

彼女がとても苦手だった。大きな声を出されるのが怖かったからだ。


知らないふりをする知恵もない。

「あ、みえちゃん。」私は小さな声でぼそっと言った。

ーいつもの「あほ!」がくる。

そう身構えていたら、彼女は意外なことを言った。

「あけみちゃん、あそぼう!」


私は嬉しかった。彼女から誘われたことはそれまでなかった。もう仲間はずれにするのではなくて、遊んでくれるんだと。

しぼんでいた心に光がさした。

「うん!」


私は、そう言った。その後何が起こるかもわからずに。

みえちゃんの家に行った。玄関にリカちゃん人形が置いていた。

でもかなり変だった。なぜなら髪の毛がおかっぱ頭になっていたからだ。

まゆげよりもかなり上の前髪。かなりマヌケな感じがした。


「あけみちゃん。」

私がふりむくと「ザクッ」と音がした。

「えっ」

ハラハラっと髪の毛が落ちていく。

彼女は大きなハサミで私の髪の毛をザクザクと切り刻み始めたのだ。


私の髪の毛は当時胸のあたりまであり、日本人形みたいだと近所のおばちゃんたちにも好評だった。

その髪の毛がいまザクザク切られているのだ。


「こんなに髪の毛いらないでしょう。」

どんどん髪の毛は切られていき、あっというまの私の髪の毛は、ところどころ、じゃがいもに毛がはえたような感じになった。


みんなの読んで良かった!