がんになっちゃった

乳腺葉状腫瘍摘出

あれから一年経ちました。
早いものです。
一昨年12月25日右胸のしこりから
血液浸出液がでて来るようになり。
何か悪いことが起きなければと思ってました。
1月4日血液浸出液が止まらず、
最寄りの乳腺外科を受診する。
がんかもしれないと説明され
3回検査をして。右胸葉状腫瘍と告知される。主治医より市立病院を紹介される。
市立病院に二週間後予約を入れる。
採血、マンモグラフィ、細胞針をして、
2ヶ月後右胸葉状腫瘍全摘のオペとなりました。主治医から説明を聞いていたらきみのは癌だけ癌じゃないからと毎回言われてました。男性ドクターでしたか
私は10センチ台の腫瘍よりも、胸がなくなることがショックで。死んだ方がましと考えたりしてました。
主治医や先生からも、きみのは癌だけど癌じゃないと言われて。悲しい気持ちになりました。。胸を失うことに関して誰も話をきいてくれない。これからどうしたら良いのだろう。悩みながらオペ前日を迎えました。オペにいく前にお風呂に入りました。そして入院しました。
病棟に入り身長体重をはかり、病室に行きました。午後から右胸に熱感があり冷やしてようすをみてました。パンフレットを見て説明をきいたのですが、オペ後リハについての説明はありませんでした。夕飯はなし。緊張から寝てました。

翌日9時オペ室に行き、気がついたら病室で痛み何回かナースコール押してました。その後ナースコールを鳴らしたらとんでもない高いところにナースコールを置かれてました。寝返りがうまくできず腰が痛くなるし、点滴の針の所が痛くて差し替え頼んだらそのままだし。リハビリをしなきゃいけないけど具体的に何をしたらわからなかったから。なんでリハビリしないのと怒られて。唖然としてました。確かにリハビリしなかった私がいけないのですがね

朝になり清拭をされ、生理になり担当ナースにパンツを洗えと言われてびっくりしました。術後1日なんですけど。右腕痛いんですけどね。結局家族に頼みました。食後から歩かないと退院出来ないと言われて、毎日病棟を歩くようにしました。一週間してドレーンの量も減ってきました。ふと壁を見ると癌患者の会の日程が貼ってありました。。
私にも参加出来ないかなと看護師さんに聞いたらあなたにその権利はないと言われて泣きそうになりました。
定期検査して、新しい病院の紹介状かいてもらいました。

医師もナースも人間不審になりました。私みたいに不快な思いされる方々が減りますように

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。