第2話「成功するまでは欺き続けろ!」

1 / 2 ページ

後編: 第3話「ミルウォーキーのFREERIDER」


取材アポイントは順調に取れていきました。


ABテストをクラウドソーシングで行う「My Crowd」、旅行に特化したAmazonを作ろうとする「OLSET」、スキルを取得するためのコーチマーケットプレイス「Coach.me」、人生で一番の買い物を手伝う家のECサイト「Amitry」、スモールビジネスを支援する「AnyRoad」。


拙い英語でありながらも、なんとか問答を繰り返していきます。

FAKE IT TELLS YOU MAKE IT !!

これは、4社めに訪問したOLSETのAndrewにアドバイスされた一言。文法的には誤りがあって、正確な言葉は「Fake it till you make it」つまり、自分ができるようになるまでは、できる振りをしておけばよいという文句です。


僕にとってラッキーだったことは、シリコンバレーにやってきている日本人が

多くないということでした。


中にいる時は、なかなか気づけないことですが。

日本のGDPは世界ランキング未だ3位、もしアジア展開をするのであれば

シンガポールか、日本か。つまり、グローバル視点で見ている起業家であれば

日本との接点は遅かれ、早かれ、ないよりあった方がよいということになるのです。


だから、調子に乗っても良かったのです。


「僕は日本出身で唯一、シリコンバレーの一次情報を取り続けているジャーナリスト。もし、日本でゆくゆく何かしたいのであれば、僕と知り合っておいた方がいいよ。」


こんな強気な姿勢で、メッセージを送り、アポイントを取得していきました。

とはいえ、メールの返信率は約5%。結局、100社の訪問までに2000社以上に送っていました。

その中には、すでに倒産してしまっていて、自動返信がくるものも半分。


数々のスタートアップが生まれ、そして死んでいく現実を

こんな形で真に受けていたのです。

しかし、人は死なない。彼らは何度でも、別のスタートアップで挑戦するのです。

安定のマリオット徹作業。

毎晩、使っていたワークスペースは市街地にある高級ホテル「マリオット」。

もちろん、ホテルに宿泊していたわけではありません。


日本では馴染み深くないものですが、取引先のミーティングでホテルを使うことがありがちです。そして、ホテルのラウンジはフリーで入れます。


それが良いかどうかはともかく、僕はシリコンバレーに滞在しているほぼ毎日を

このマリオットで過ごしていました。


WiFiフリーで、座る椅子の座り心地もよくて。

もう最高でした。

仕事が上手くいかず、数字が伸びず、ホテルから摘み出されるし、もう散々で。でも、全て賭けてきたんすよ。負け足で国には帰られへんでバーカ。

もちろん、摘み出されることも日常茶飯事。


FREERIDERとして、シリコンバレーへやってきて

みんなの読んで良かった!