第97章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

骨格診断を受け似合わない洋服は処分を決意できる


自分の似合わない洋服を処分する きっかけと理由

イメージ 1

骨格診断を受けて 似合わない洋服を 保有する理由がなくなり 処分することにしました。

若い頃は 多少自分に似合っていない服も 肌の張りやくすみもなく 体型も整っていと 着こなせた…若さで

似合ってなくても 自分が着たい服着ても 決して人から見て イタくはなかった

が、今は似合っていないと 人から見てイタいし 好印象にならない

以前通っていた美容師さんがしてくるた ニットデザイナーの話

若い時は自分が着たい服を着ても 構わないけれど ある程度の年齢に達すると

似合っていない服を 平気で着ているとことは 何事においても失礼にあたる と。 だらしなく見えたり イタく思われたり 相手に不快感を与える行為は 避けないと どんなに中味があっても まずは…人は見た目という メルビアンの法則は 無視できないと。

それには その服装に似合う体型を維持する という話からベルトの話から そんな話になったが

私もわりと着たい服着る派で その時は、聞き流したが

似合っていると好きな服、着たい服は 年齢と共に限られてくる

これは、自信にもつながり 似合っていない違和感は 自分でもうすうすは気づいているもの

ただ、似合っていない理由が わからないから なんとなく着てしまったり 逆に違和感感じるから 購入しても 一度も袖を通すことなく 無駄な買い物に

そんなことを振り返り 骨格診断を受けたことが 似合ってない服は処分する 決断ができた

似合ってないその理由がわかり とっておくほど我が家は 家が 広くないしスペースの余裕も 気持ちの余裕もないし

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。