大学時代の恋愛はレモン色

1 / 3 ページ

大学時代の恋愛はレモン色  

ボクが最初に

「おかしい・・」

 と気づいたのは、中学生の頃だった。周囲の友達が「可愛い!」と言う子に私は興味が持てなかった。私は、顔面の配置にはあまり興味が持てず、頭の良い女の子にだけ興味を持った。

 今も記憶に残る女子は、中学、高校、大学それぞれで一番頭のよかった女子だ。特に美人ではないので、周囲の男子はあまり興味を示さないタイプ。もっと、ハッキリ書くと秀才すぎて敬遠される女子だった。

大学に入って、ボクは少々狂った。受験勉強ばかりしていて、女性ってどんな生き物なのか興味津々だった。でも、ある女性とユーストアーに買い物に出かけたとき、「私の彼は、キューピーより味の素の方が好き」とか平気で言うので気分が悪かった。

  一緒に、金沢の兼六園に出かけたときも「コレ、男友達にお土産なの」と言える神経を疑った。それだけではない。私を夕食に誘いながら、同時に別の男ともつきあっているようだった。私は、そのお土産を踏みつけた。「あっちでも、こっちでもこんなことをしているのか!」と怒鳴った。若かった。

  女性と男性は、根本的に感覚が違うのだろうか。

  私たちが中学生の頃は、男子は技術、女子は家庭と分かれていた。アメリカだって、男子は industrial arts で、女子は homemaking となっていた。もちろん、男女平等の国だから、希望すれば入れるだろうけど、現実は男女別だった。

  いくら、男女共同参画社会基本法ができても、男子と女子は根本的に違うのではないだろうか。何千年も科学者はほとんどが男性だった。理系女子が多いわが塾でも、私は「本当に、女子に科学ができるのか?」と少し疑問を持っている。

  私はものごとを論理的に考える。そのように、長年訓練を積んできた。動物的に感情で動くと、判断を誤って破滅するからだ。ところが、私の出会った女性は「なんで、そうなるの?」ということの連続だった。

  私とつきあい始めても、昔の彼氏からもらったものを大事に持っている彼女に全て捨てさせた。でも、そういう感覚の違いは言ってどうなるものでもなく、言えば言うほど溝が深まるばかりだった。

バツイチになる過程で「もう、女性には絶対に近づかない」と、決めた。

  恋愛がレモンの味がするのは、大学時代までだった。そして、それも今はセピア色。もはや、私にハニートラップは効かないし、DNAが叫んでも耳に届かない。微積分の問題でも解いている方が楽しい。

  結婚に踏み込むためには、無知でないとできないのではないだろうか。あまりに知識や経験が蓄積すると、対象に魅力を感じられなくなる。結婚することにより失う自由と、結婚することで紛れる淋しさを天秤にかけると、自由を選択してしまう。

  中学生や高校生くらいまでは、肉体関係までいかずに淡い思い出になっている人も多いだろう。大学時代が、分岐点になる人が多い気がする。

  私の場合、四日市高校で受験勉強に励み、入試の5日前に全身痙攣の入院騒ぎを起こした。ノイローゼの一種だと診断された。医者には止められたが、強行受験で名古屋大学に合格した。

  だから、英語や数学は簡単に捨てられるほど軽いものではなかった。その後も、26歳で無職、貯金なしになる覚悟でアメリカに渡って勉強を続けた。帰国後は、莫大な融資額に冷や汗が出る思いだった。

  だから、結婚後に英語検定1級まで勉強を続けた。合格したのは30歳。その後も、オリジナル、チェック&リピート、1対1、赤本をそれぞれ2周して、京都大学を7回受けた。10年以上すべてを賭けてチャレンジを続けてきたのだ。

  40代、50代でのこうした行動は、女性には奇異に映るのだろう。仕事優先に映るのだろう。強者の論理なのだろう。家庭を顧みないのだろう。落ちこぼれを見捨てるエリート教育なのだろう。

  感情で動く女性には、「ヒイキだ!」「差別だ!」と叫ぶ人もみえる。私の奥さんも、そういう女性だった。それもあって、バツイチになってしまった。後悔はしていない。ただし、娘たちには可愛そうなことをした。

みんなの読んで良かった!