親友の母の命日

 今朝方、というか深夜に目が覚め、自分の家族の分のお弁当を自分で作って今食べ終えたところです。


会社では 超閑職にありこんな事を平然とやってのけるあたり、自分らしいというか背信行為と言うかなんというか(笑)


まあ基本障害者施設なので、自分の社会復帰のためのお勉強という事なので、僕は作家になりたいので、こっちをやらせて貰ったりする事もあります。


友人の母は友人が二十歳の時に酒を飲みながら電車に身を投げたという不遇の人と言うか、とっても波乱万丈の方だったようで、話に聞くととっても楽しいお母さんだったようです。


しかし友人にとって、母が一番大好きだったらしく、母亡き後精神病になって、その後二十年間、精神病院に監禁されていたんだそうです。


その親友とは僕が発病した時に偶然、同じ部屋になってとっても仲良くなり、同じ釜の飯を食った仲という事もあり、親友関係がここ十年間続いています。


まあ、お互い病気持ちという事もあり付かず離れずみたいな感覚で付き合っております。しかしSkypeと電話とCメールに費やす時間は、一日八時間ほど。ここまでくるとゲイ疑惑をもたれても仕方ないんですが、全然実際は違うんです。


僕は病気で女に捨てられ、子供を取られたと言う経験を持ってるんで、女など二度と信用するもんかというスタンス。


変わって親友は女は道具。性のはけ口としてご利用してるようです。お互い独身。僕はバツイチ。彼はまともに女と付き合ったことはありません。呼べばすぐに来るデリをご利用してるようなので困らないんだそうです。

僕は全く理解不能ですが、彼にとっては婚活なんだそうです。デリで婚活????????意味不明と言うか有り得ないですよね。お金で抱いてお金で抱かれる関係で、婚活もくそもないと思うんですが。。w


まあ、良いんですけどね。人の話は人の話。僕とは関係ないんですから。


そんでもって今日は彼の母の命日。因みにもう一人の友人の、四か月ぶりの退院日です。入院退院を繰り返してるんですが、心臓、足、腰、精神と四重苦を患ってる僕の母と同い年の友人なんですw


この方も、この十年来の親友に紹介され友人が増えたと単純に喜んでたんですが、今年の初めに躁状態になってしまい、いきなりのハイテンションぶりですったもんんだしましたよ。


そして今日も頑張って(?)自習してる僕ですがこういった制度ができてくれてよかったです。


なにぶんにもお金が全くないもんですから、日々の生活のためにどうしてもお金が必要です。子供たちの誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お年玉などもお金がかかります。


そうそう最近息子からお父さんはお仕事何やってるの????????って聞かれました。


バイトだよと言っておきましたが、障害者の方々で、子供がいる方はなんて答えてるんですかね?作業所の事説明しても分からんだろうし、まだ先で良いかと言う気もします。


実際には閑職と言っても分からないだろうし、子供はピアノで二人とも九州で一位なんですよねえ(遠い目)w


親が作業所じゃ格好がつかない。元妻は部長になったそうです医療関係の仕事なんですが、凄いですねえ。


あまりにも立派な元嫁や息子や娘を見てると、輝いていて目をやられますw


しかし本当に凄いもんですね。子供ってあっという間に大きくなる。子供の成長をそばで見れないのは寂しいですが、こんな立派じゃないお父さんじゃみっともないですよね。


本当に穴があったら入りたい気分になりました。


でもいいんです。子供が親を超えてくれることは親にとっては喜ばしいこと。いずれは巣立っていくもんです。


僕も何時かは巣立っていきたいもんですね。俗世からwww


しかし老いた母と障害のある妹との三人暮らし。頑張らなきゃ!!!!!!!





みんなの読んで良かった!