橋下徹氏の「天下の暴論」

1 / 2 ページ

橋下徹氏の「天下の暴論」

米軍の風俗活用が「解決策」 橋下氏が再び持論

2016年523 11:23

 前大阪市長でおおさか維新の会前代表の橋下徹氏が21日、米軍属女性死体遺棄事件を受けて、米軍関係者の事件防止としてかつて掲げた「風俗業の活用の検討」をあらためて展開した。これには「女性蔑視」などと多くの批判が寄せられている。

 私はアルコールを飲まない。宗教上の理由だが、好きでもない。飲酒運転の悲惨な犠牲者が続出しても、生存に必要ではないアルコールの販売を継続するのは愚かなことだと思っている。

 しかし、アメリカで禁酒法を成立させたら何が起こったか。アル・カポネが活躍していた時代だ。禁止されると非合法なマフィアの資金源になって、事態はさらに悪化した。

 パチンコにせよ、風俗にせよ同じことだと大人は知っている。パチンコはギャンブルだ。風俗で売春が行われているのは、誰でも知っている。いずれも違法行為だ。しかし、徹底的に摘発してつぶすと野球賭博やバカラのような暴力団の資金源として、地下にもぐってしまう。

 橋下さんが言うように、米軍相手の風俗を勧めても強姦や殺人事件が無くなりはしないだろう。それは、沖縄だけではなくて本土や外国でも同じことだ。しかし、発生率は落ちる可能性が高い。

 きちんと現実を見て、犠牲者の数を減らすためには見ないフリをすることは出来ない。

<けんか>重体の小4男児死亡 東京・足立

 5月26日(木)7時0分配信

 

 4月に東京都足立区の区立小学校で同級生に殴られて意識不明の重体になっていた4年の男子児童(9)が25日朝に亡くなったことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は司法解剖をして死因を確認する。

教育の現場でも同じことが言える。非行少年を隔離するような発言をすると、すぐに「子供には無限の可能性がある」という夢のような話をする人がいる。理想論を語り始める人がいる。

そういう綺麗ごとの陰で、どれだけ多くの罪のないマジメな生徒が犠牲になっているのか考えない。見ないフリをする。イジメに遭い、自殺に追い込まれる。直接的な暴力で殺される。

どんなに悲惨な事件が起こっても、少年法を変えようとしない。実名を出さない。6年か7年で釈放されてしまう。

担任教師を回し蹴り、中3男子を暴行容疑で逮捕 兵庫・高砂市

 5月25日(水)9時25分配信

 

 

 

みんなの読んで良かった!