賢者からの問い掛け☆

1 / 3 ページ

「ちゃんと食べてますか?」

私が調子がイマイチになると

そう声掛けしてくださる方がいます。

その方は、神様・仏様とと共に、

何十年にも渡ってお役目を果たす

超特殊能力をお持ちの心から尊敬する人。

ありがたいことですが、

実家が京都で乾物屋をやっていた為、

今の時代になって

世界中で体に良いと云われ始めた食材を

子供の頃から、更には、母のお腹の中にいる時から、

厳密に云うと、受け継いでいる両親のDNAから、

当たり前の様に授かったお陰で、

健康であることに慢心し、ちょっと度が過ぎた時に

その方に逢うと、必ず、そう云われます。

確かに・・・

そんな時は、忙しさにかまけて、

食がおろそかになったり、

『魂を浄化するには、食べないことや

 肉や魚や卵を食べないことが一番』

そう妄信的な心持ちなっている私がいます。

<<光星☆さんからも、よく注意されます>>

「食べることは、生きること

 命をいただくこと

 グラウンディングさせて頂き、

 自分の力だと勘違いせずに

 感謝して生きること

そして、何より・・・

 家族の食卓、

 大切な人とのかけがえのない時間

 コミュニケーションを育める奇跡の様な時」

私自身、大学時代、不思議なご縁で、

偶然、新幹線で隣の席になった方から、

バブル全盛の当時は全く見向きもされなかった

陰陽食の本を頂き、約30年前、

玄米を食し、お肉やお菓子は控えていましたが、

米国企業に入社すると同時に

完璧に普通の食生活に戻しました。

なぜなら、学生の一人暮らしだから

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。