高校球児の夏

大好き野球を続けたくて、そして憧れの甲子園の舞台に立ちたくて、親元を離れ、見知らぬ土地に住んで一年。
 また暑くて苦しい夏が始まる。「野球は楽しいんだ。」「辛くても自分で選んだ道だから」と思いきかせても、夜1人になると、「なぜこんなとこまで来たのかな?」「いくら練習してもダメかな」って考えてしまう弱気な自分と向き合うこととなる。
 また暑く眠れぬ夏が始まってしまった。

著者の永渕 博樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。