【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 3 ページ

前編: あらすじ
後編: 【第2話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ひとりで生きていくという本当の意味を、理解するのは難しい。

それは、誰もがひとりでは生きていけないと思っているからであり、誰もがひとりで生きているのだと、信じているからに違いない。

僕が父子家庭になったのは、平成17年冬のことだった。

父子家庭という生き方が世の中に認知されるずっとずっと前のことで、それは思いがけずある日突然に訪れた。

その年のクリスマスにサンタさんがやってこなかったのは、子供たちが悪い子だったわけではない。

父親の僕にお金がなかったからだ。

上の子はクラスメイトに年賀状を書きたいと言っていたけど、年賀状を数枚買うのが精一杯だった。

所持金は2万円。

所持金ではない、それが我が家の全財産だった。

ディズニーランドのお土産のクッキーの空き缶に貯めていた、小銭を精一杯かき集めた2万円が我が家の全財産。

「サンタさんが来ないのは君たちのせいじゃない」と、子供たちに伝えるのは悲しかった。

誰が悪いかは別にして、決して子供たちに責任があるわけではない。

子供たちはわかったようなわからないような顔をしていたけど、サンタさんも母親もいなくなってしまったという現実が、変わることは無い。これっきり母親がいないくなる子供たちをかかえ、今年のサンタだけではなく、永久にこの子達にはサンタがやって来ないのではないかと思っていた。

これからどうやって生きていこうか。

上の子が小学校2年生で、下の子はまだ幼稚園生だった。子供は男の子2人で、母親がいなくなったためにこれからは3人暮らしになる。

まさか自分が父子家庭となって、子供2人を育てるという人生を思い描いたことはただの一度もない。

父子家庭として生きることになった人生は、まさに寝耳に水であり青天の霹靂と言わざるを得ない。人生何が起こるか分からないとよく言うけれど、あれはどうやら本当だ。

みんなの読んで良かった!