広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

1 / 4 ページ

 最初は、本と些細な事だった。

本を読んでいる時。周りの世界から完全に隔絶された静寂の世界の中で、その物語や記述に没頭している。呼びかけられてもまったく気づかない。

最初は耳のせいかなと思っていた。

しかし、他の人はそこまで集中しての没入感に浸ることは無いんだそうだ。

やっぱり耳が聞こえにくいのが原因なんだろう・・・と思っていた。

朝の目覚ましなんかも聞こえないのだから。


成長するに従い、人との係わり合いが大切になっていく中で、

よりコミュニケーションが大切に成ってくる。

人の話しが耳に入らない

つまり、会話が成り立たない時が出てくる。

聞こえているのだけど、聞き取れていない。

ここは、中度難聴特有の聞き間違い、空耳シリーズの事を漠然と体感として持っていたので、

これも耳のせいだと思っていた。



会話というのは、相手の話しをきちんと聞く事から、適切な受け答えが出来るようになる。

あたりまえの話しです。

しかし、耳が聞こえないという条件が加わると、何度も何度も聞き返すのが躊躇われる環境では、

聞き取れなくても仕方ないと考えるようになっていく。

しかし、健聴者にとっては聞こえるのがたりまえ。聞き取れてあたりまえ。

聞こえないのは、聞く気がないからだ。という思いが強くなってくる。

その結果、「こいつは人の話しをきかないやつだ」という認識になってしまう。

そうなってくるのは肌身に感じてわかるものですから、

これが一種の障害のようなものだと知らなければ、当然「自分が悪いんだ、努力しなければならない」という強迫観念を抱くのは当然の帰結ではないでしょうか。

そして、聞こうとしても集中が途切れる。

より集中して、一言も聞き漏らさないように聞こうとして傾聴を前面にだすと姿勢が前傾するので怖い、キモいといわれる。

耳に手をかざすとバカにしているのかと罵られる。

ならば耳だけでも相手のほうへとすると、目を見て話さないのは失礼だと怒られる。


そんな人生を26年程過ごしてい来た時、

ふとしたきっかけで補聴器を入手する事になった。

耳穴式の補聴器。

片耳1個で44万円也。

補聴器には、いくつか種類がって、ポケットや手に持てる外部ユニット式のもの、MP3ウォークマンやラジオみたいなやつと、

耳にかける耳掛け式と、

この耳の穴の中にほぼ全体を入れる耳穴式があります。

そしてお値段の方も、難聴の程度によって全然変わってきます。

通販で買える3万円前後のポケット型のやつは低度難聴者用で、中度対応になってくるとパワーも必要になってくるし、保護機能やら、バランス調整やらで倍々になっていきます。

そして、基本的に1基で片耳前提なので、両耳に装着しようと思えば出力大き目のものにせざるを得ないので、補聴器メーカーのものに限られてきてしまう。

今持っているポケット式のやつでも7万以上、耳掛け式でも13万以上とか普通で、

この耳穴式は耳穴にあわせたフルオーダーになるのでこのお値段になるというのと、

あの頃は他に選ぶ選択肢も、情報も無かったというのが大きいかと思います。

みんなの読んで良かった!