【第2話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

1 / 2 ページ

前編: 【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。
後編: 【第3話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

さしあたっての不安は、お金がないことと時間の使い方がわからないこと。

父子家庭になって子供たち2人の子育てを始めてからというもの、自分の時間などなく、気が付いたら朝で、気が付いたら夜だった。とにかくやることがなくならない上に、慣れていないために時間を効率よく使えないのだからこういうことになる。

仕事に追われているとか、予定が目いっぱい詰まっているとかでの時間の使い方は、自分で時間の配分やペースをコントロールすれば良いのだけれど、子供が小さい時の子育てというのは、とにかく自分の考えで時間の割り振りやペース配分を決めることができないのだということを、いやというほど痛感した。

とにかく言うことを聞いてくれない。

幼い子どもたちだから、仕方がない。それは分かっている。

分かっているけど、言うことを聞いてくれない子供のペースに合わせなければいけない生活というのは、予想以上のストレスだった。

朝起きれば、朝ご飯を作らねばならないのだが、何分あればそれらが仕上がるのかわからない。

必要以上に早起きをして、朝ごはんとお弁当を作りはじめ、その間に散らかったリビングを片付ける、昨晩やり残した洗濯物をやりながら子供たちを起こす。上の子の着替えを出してやって、下の子の着替えも済ませなければいけない。

ランドセルの中に入れるもの、出し忘れているプリントなどはないか、連絡帳を再度確認し、子供たちの着替えが終わって、顔を洗ってあげたら朝ごはんを食べさせる。ご飯が終われば歯を磨かせるのだが、磨き残しがないか仕上げ磨きをしてあげなくてはいけない。

上の子の寝癖を直してあげたら、ハンカチとティッシュをズボンのポッケに入れて帽子をかぶせ、下の子を連れて外に出る。登校班が待っているところまで一緒に行き、下の子と一緒にお兄ちゃんをお見送り。そのまま家に戻り、後回しにしてしまった下の子の歯磨きからやり直す。下の子に幼稚園の制服を着せたら帽子をかぶせ、ハンカチとティッシュをポッケにいれて準備完了。車に乗せ幼稚園まで送っていく。幼稚園は車で15分程度のところにあり、幼稚園に預け戻ってきてだいたい9時。

そこから終わることのない、洗濯物の残りをやってしまわなければいけない。

洗濯物を干し、朝ごはんの済んだ食器を片づけ、掃除。布団を干して掃除機をかけて、床の雑巾がけ。パソコンをチェックしメールの返信などしていたら、あっという間に12時になっている。

近所のスーパーに買い物に行き、晩御飯の食材を調達。

下の子の幼稚園のお迎えのついででも良いのだが、まだ幼稚園の下の子を連れていくと、余計な時間がかかるのでいないうちに済ませてしまう。

買い物をし、外に出たついでにほかの用事も片付けたら、家に戻って14時。

仕事など、できる状況ではない。

幼稚園は14時から帰りのお迎えなので、また急いで幼稚園に行き、先生に園での様子を一通り聞いたら帰宅。帰ってきて手を洗ってうがいをさせ、チャンネルは大好きなアニメ。その間に晩ごはんの用意をしてしまう。

1時間もすれば下の子はアニメに飽きてしまって、晩ごはんの支度をやめ一緒に遊んであげなければいけない。下の子は外に出て遊ぶのが大好きだったから、一緒に外に出て、散歩をしたり自転車に乗ったり、砂場で遊んだりボールで遊んだりした。そんなことをしていると上の子が学校から戻ってくるので、あとは上の子に任せてまた晩ごはんの支度に取り掛かかる。

父子家庭になって10年間、ある一つのルールを決めてそれをかたくなに守っている。

「どんなに忙しくても、どんなに大変でも、食事は手づくり」

みんなの読んで良かった!