(前略)ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話⑥ 3年半でコーチを5人変えて気付いた事

1 / 3 ページ

前編: (前略)ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 ⑤ 最初の1ヶ月

結論から先に言うと、コーチは一人に絞ったほうがいいです。

私はゴルフをかれこれ21年(!)やってるわけですが、今のレベルに来るまで紆余曲折、遠回りしてきたと思います。

7歳からクラブを握った私ですが、ずっと一人のコーチに教わっていたわけではなく、いろんな人に教わって育ち、18歳くらいの時にベストスコアはまだ82だったのを覚えています。

日本では3回以上レッスンをとったことがあるのは5人くらいかな。一回きりのアドバイスをもらうことなんて数知れず。

今回は自分の反省と、ネタ提供と、読者の皆さんのコーチ選びの指針になれば嬉しいという思いを込めて、私がアメリカに来てからのコーチヒストリーを一挙にご紹介します。



一人目:Yさん

最初の日本人のYコーチには、とてもお世話になりました。

奥さんと2人のお子さんのいるご家庭にお邪魔して1ヶ月間ホームステイさせてもらいました。

けど1年経った時に、辛くなってきました。

今から見ても甘ちゃんだった当時の私は、コーチから教わることがなかなか身につかず、練習が足りないと言われ、いつしか練習が「こなす」「我慢する」になって、成長するための工夫する気力も楽しみもなくなってしまいました。

思うようにゴルフの実力も上がらなくて、同じことの繰り返しで、正しいことをしているのかどうかわからなくなって。

教わったドリルだけ上手くなり、実際のスイングには活きず…

Yさん
他の生徒は伸びたのに、なんでヒッティだけ伸びひんのやろうな


コーチとは二人三脚で2年間やりきるつもりだったのですが、師弟関係が近くなりすぎて、最終的には1年半で辞めてしまいました。Yコーチも私に失望したと思います。

まぁでも合わなかったのだから仕方がない。

(そう思えるようになるまで数ヶ月かかりましたが)



コーチ二人目:ケリー

Yコーチの元を離れたあと、ちょっと放心状態でした。

上手くなるにはどうしたらいいだろう。

自分の中に答えがあるとは知らずに、誰かが正しい導きをしてくれると思っていた私は、またコーチを探し始めました。


ケリー
君には素質がある。僕に指導させてくれ!


そう言ってきたのは、韓国人プロゴルファーのケリーでした。

ケリーは日頃からちょくちょく練習する、気心の知れたゴルフ仲間でした。

タダでいいと言ってくれたので、アドバイスを聞くことに。(←この時点でやや上から目線)

しかし、彼のスイング理論は難解すぎました。

いろんなツアープレーヤーのスイング動画を見て、「ほら、肘はこの角度になっているだろう」とか「この右足の蹴りをバネにして力を生み出すんだ」とか、彼の頭の中では繋がっているらしい理論A、B、Cが、やってみようとするとよくわからない。

目指すスイングに共感できず、マユツバで試すものの、不細工になっていく自分の型がどうしても正しいとは思えず、

そのうちレッスン料を払ってくれると助かる、と言われたので3ヶ月で辞めました。

(ちなみに彼は変わり者ですが、今でも良い友達です)



コーチ三人目:デービット

当時の練習拠点にしていたパブリックコースのすみっこで教えていたデービット。

きれいなスイングで良い球を打つので、「よし今度こそ、彼に賭けてみるか」と入門。

デービット
飛距離がほしい?こうすればいいんだよ。


みんなの読んで良かった!