求めよ、さらば与えられん(山上の垂訓)

1 / 2 ページ

求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん

Ask,and it will be given to you. ただ、じっと待っているだけじゃ、何も好転しないぞ。新約聖書のマタイ伝に書いてある、山上の垂訓です。

   1974年の大学受験の5日前を迎えた。2階の勉強部屋で数学の勉強をしていたら、突然手足が震え始めて椅子からズリ落ちてしまった。そして、

「お父さん、ボク変だ」

  と叫んだ。二階に駆け上がって来た父は、ひっくり返った亀のように手足をバタバタしている私を見て

「お前、何をしてんだ」

  と言った。そして、近くの総合病院に担ぎ込まれた。病院の看護婦さんは、私の手足を押さえつけながら

「アレ?高木くん、どうしたの?」

  と言った。北勢中学校の体操部の先輩だった。

  診断は、神経衰弱。いわゆるノイローゼとのことだった。私は頭が狂うことを心配したが、医者が言うには

「そういう人もいるが、身体に症状が出る人もいる」

  とのことだった。

 数学を勉強しすぎたと思った。それで、以来25年ほど英語ばかり勉強して英語講師として、塾、予備校、専門学校で英語講師をしていた。こんな分かりやすい挫折はないよね。身体が数学を拒否してしまったのだから。少なくとも、私はそう信じていた。

    おかげさまで、英語講師として生きていけるのだから、それで十分だったし。高校時代に「おまえは文系」と担任にも言われ、模試の結果もそうだった。45歳だったし、父親として安定した仕事が必要だった。

どこから見ても、このまま老後に向かっていくのが賢い選択だった。

でもね、何か心にひっかかっていた。

    近所の書店にふらっと立ち寄った。高校生用の参考書の本棚に「オリジナル」が並んでいるのが見えた。高校時代の悪夢がよみがえった。そっと手に取ると、手が震えた。

    できるだけリラックスしたいので、いつもの喫茶店に立ち寄ってコーヒーを飲みながら開いて少し解いてみた。けっこう解けた。それから、オリジナルとノートを持って喫茶店で数学の問題を解くのが日課になった。

    2年ほど続けた。数学ⅠA,数学ⅡBをひととおりやった。それで、腕だめしをするために、Z会の京大即応(文系)をやり始めた。かなり難しかった。また、河合や駿台の京大模試も受け始めた。ひどい結果だった。3割ほどしか解けない。

    その後、和田秀樹さんの「新・受験技法」やエール出版の合格体験記などを見ながら「チェック&リピート」がいいみたいなので、最初からやり始めた。そして、「やっぱり、本当に受けてみないと分からないことがあるよね」と思い、京都大学を受けることにした。

    四日市高校に行って卒業証明書をもらい、テレメールで願書を取り寄せ、旅行代理店でホテルや新幹線の手配をしてもらった。数学のノートは100冊を越えていた。

みんなの読んで良かった!